日本での発売日と価格は決まり次第案内

Astell&Kernとbeyerdynamicの新コラボヘッドホン「AK T5p 2nd Generation」。第2世代テスラ技術搭載

編集部:小野佳希
2018年10月05日
アユートは、Astell&Kernとbeyerdynamicとがコラボレーションした、第2世代テスラテクノロジー搭載密閉型ヘッドホン『AK T5p 2nd Generation』を発表した。1,100ドルで1,000台限定での発売を予定しており、日本での発売日と価格は決定次第改めてアナウンスするとしている。

AK T5p 2nd Generation

リングマグネット内に1テスラ(1万ガウス)を超える強力な磁束密度を生み出し、従来のヘッドホンの2倍以上の能率を実現する、ベイヤーダイナミックの独自技術「テスラテクノロジー」の第2世代を搭載。同技術によって、より高い再現力をドライバーユニットにもたらし、「すべての帯域においてさらなる高解像度再生、そして正確な低音域再生を提供する。さらに高域周波数帯のレゾナンスの抑制にも成功している」とアピールしている。

これに加え、バッフルデザインの最適化と素材の見直しにより、共振の抑制を図った。これによってクリアネスの向上と大きなサウンドステージを提供するともしている。また、32Ωという低インピーダンス設計により、スマートフォンなどでも駆動できるという。

ケーブル部は、高純度無酸素銅の7N OCC銅線に4N純銀をコーティングしたハイブリット構造の着脱式専用ケーブルを採用。プラグはAstell&Kern製プレーヤーのバランス出力に対応する2.5mm/4 極タイプを搭載し、3.5mm/3 極 変換ケーブル、6.3mm/3 極 変換プラグも付属する。

イヤーパッドとヘッドバンドには、“肌触りに優れたハイグレードな合成皮革”を新たに採用したとのこと。また、形状記憶タイプのフォームクッションによって、しなやかなフィッティングも実現したとしている。

なお、製品はドイツ工場で熟練エンジニアによってひとつひとつハンドメイドで生産を行っている。

関連記事