経済的理由で授業料免除になっている学生なども対象

NHK、奨学金受給学生の受信料を全額免除。2019年2月から

編集部:川田菜月
2018年09月11日
NHKは、放送受信規約および放送受信料免除基準の一部変更を発表。これにより2019年2月1日から、経済的理由による奨学金受給対象の学生などを対象に受信料が全額免除となる。

今回、NHK受信料の全額免除対象となるのは、主に経済的理由の基準を満たしている学生。なお、免除の申請方法等の具体的な手続きについては、NHKのホームページ等を通じてあらためて周知するとのこと。

【全額免除対象となる奨学金受給対象などの学生要件】
・日本学生支援機構、地方自治体や奨学金事業を目的とした公益法人の奨学金制度のうち、経済的理由の基準がある奨学金制度の奨学金を受給している学生
・経済的理由の選考基準があり、上記の奨学金制度と趣旨目的が一致するとNHKが認める奨学金制度の奨学金を受給している学生
・学校の授業料免除制度のうち、経済的理由の選考基準がある授業料免除対象の学生
・市町村民税非課税世帯または公的扶助受給世帯の学生

また昨日9月10日付で衛星放送におけるメッセージの運用の変更も実施。現在NHKの衛星放送に表示されているメッセージの消去は、衛星放送受信機に挿入したB-CASカード番号を連絡することで対応している。

新4K8K衛星放送の開始に向け、新4K8K衛星放送受信機においてはACAS番号を連絡する形になるとのこと。具体的な方法については、テレビ画面に表示される「メッセージ消去のご案内」やNHKのホームページ等で周知していくとのこと。
  • トピック
  • NHK

関連記事