高さ54mmの低背デザイン

デノン、ワイヤレスサブウーファー採用のスリムな2.1chサウンドバー「DHT-S316」

編集部:小澤貴信
2018年09月11日
デノンは、サウンドバーとワイヤレス・サブウーファーによる2.1chホームシアターシステム「DHT-S316」を10月上旬から発売する。価格は32,800円(税抜)。

「DHT-S316」

コンパクトでシンプルな構成ながら、“明瞭かつ重厚なデノンサウンド”を楽しめるという2.1chホームシアターシステム。入力端子はARC/CEC対応のHDMI、光デジタル、アナログAUXを搭載する。

DHT-S316の実機

Bluetoothも内臓しており、スマートフォンなどで再生した音声をワイヤレスで本機から再生することができる。

サウンドバー部は、中音域と高音域にそれぞれ専用のドライバーユニットを搭載した2ウェイ4スピーカー構成を採用。また、サウンドバー部は高さ54mmとして、テレビの画面を遮ったり、リモコン受光部を隠してしまったりすることがないようスリムなデザインとした。

サブウーファーはワイヤレス仕様として設置の自由度を高めた。また、サウンドバーとサブウーファーはあらかじめペアリングされており、電源を入れるだけで自動的に接続、設定不要で仕様できる。

ワイヤレスサブウーファー

音声フォーマットについては、Dolby Digital、DTS Digital Surround、AAC、リニアPCMのデコードに対応。音響心理学に基づくアルゴリズムを用いたバーチャルサラウンド技術も搭載する。また、視聴するコンテンツに合わせてムービーモード、ミュージックモードを切り替えることができる。

DHT-S316の入力端子部

夜間など音量を控えめにして視聴することを想定した「ナイトモード」も搭載。大きな音と小さな音の音量差を圧縮、音量を下げた時でも小さな音が聞き取りにくくならないようにしている。

サウンドバーの天面に操作ボタンを用意

ニュースやナレーションなど人の声を明瞭にする「ダイアログ・エンハンサー」機能を搭載。効果は3段階で調節できる。

本機のリモコン

消費電力はサウンドバー部が40W、サブウーファー部が40W。サウンドバーの外形寸法/質量は、900W×54H×83Dmm/1.8kg。サブウーファーの外形寸法/質量は、171W×342H×318Dmm/1.8kg。

関連記事