Bluetoothにも対応

デノン、ベースタイプのテレビスピーカー「DHT-T100」

ファイル・ウェブ編集部
2013年10月11日
(株)ディーアンドエムホールディングスは、デノンブランドよりテレビの下に置いて使うベースタイプのスピーカー「DHT-T100」を11月上旬から発売する。価格はオープンだが、30,000円前後での販売が予想される。

DHT-T100の使用イメージ

最大50型(27kgまで)のテレビと組み合わせが可能。トゥイーターと楕円ウーファーから成る2ウェイ構成のスピーカー。ドルビーデジタルやAACに対応する。またBluetooth(aptX対応)機能も搭載し、スマホなどの音楽をワイヤレスで楽しむことも可能だ。

トゥイーターと楕円ウーファーから成る2ウェイ構成

光デジタル入力や同軸デジタル入力端子を備える

「ムービー」、「ミュージック」、「ボイス」など、コンテンツに合わせて選べる5つのリスニングモードや、小さい音でも臨場感豊かに楽しめる「ナイトモード」も用意されている。

付属のリモコン

テレビとは光デジタルケーブル1本でつなぐだけ、オートパワーオン/オートスタンバイ機能も備えている。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドDENON
  • 型番DHT-T100
  • 発売日2013年11月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格30,000円前後)
【SPEC】●周波数帯域:40Hz〜20kHz ●使用ユニット:高音域ドライバ…14mm(1/2インチ)ツイーター×2、51×127mm(2×5インチ)ウーハ―×2 ●定格出力:9W+9W(1kHz、T.H.D. 0.7%、4Ω) ●音声入力端子:光デジタル×1、同軸デジタル×1、アナログ音声(3.5mmステレオミニプラグ)×1 ●消費電力:30W(待機時0.5W)●外形寸法:608W×71H×355Dmm ●質量:4.3kg

関連記事