独立したヘッドホンアンプを搭載

FX-AUDIO-、5,980円のハイレゾ対応DAC「DAC-X5J+」

編集部:平山洸太
2018年08月31日
ノースフラットジャパンは、FX-AUDIO-ブランドより、ハイレゾ対応D/Aコンバーター「DAC-X5J+」を発売した。価格は5,980円(税込)。カラーはブラックとシルバーの2種類。

「DAC-X5J+」

本製品は、デジタル3系統入力に対応し、最大192kHz/24bitの光及び同軸デジタル入力に対応したハイレゾ対応D/Aコンバーター。前作「DAC-X5J」からUSBレシーバーICとDAC ICを刷新、リニューアルさせた製品となる。コストパフォーマンスを重視しつつも、更なる信頼性と音質向上を目指したとしている。

ブラックとシルバーの2色

DAC ICには旭化成エレクトロニクス製「AKM4388A」を採用。新しい世代のICに刷新したことで、より正確で自然な音場が楽しめるという。

また、USBデジタルオーディオインターフェイスICにはSAVI AUDIO「BRAVO SA9023」を採用した。

ICの変更に伴い、各部品の再選定および、メイン基板の回路が変更がされた。シグナルラインには日本メーカー製のオーディオ用コンデンサを使用し、音質の向上を目指している。

内部のイメージ

オーディオレシーバーICには、シーラスロジック製の「CS8416」を搭載。低ジッターの内部処理回路により音源に影響なくDAC ICにデジタルデータを伝送させ、高音質を実現したとする。

ステレオRCA端子のLINE OUTと別に、独立したヘッドホンアンプを搭載する。端子は3.5mmステレオミニジャックで、オペアンプには音質に定評があるというオーディオ用低雑音NE5532オペアンプを採用する。対応ヘッドホンは、16 - 300Ω。

またデジタル入力には、USB TypeB端子(最大24bit/96kHz)、光デジタル音声入力[角型](最大24bit/192kHz)、同軸デジタル音声入力(最大24bit/192kHz)の3系統を備える。

前面と背面

外形寸法は71W×26H×107Dmm(突起部を除く)、質量は201g。電源のACアダプターは別売りで、DC12V/1A以上が推奨されている。対応OSは、Windows10/8(8.1)/7/Vista/XP/2000/MacOS X 9.1以降。

関連記事