EPSON、NEC、HITACHIなどに対応

オーエス、超短焦点プロジェクター専用の汎用壁付けハンガー「OWM3000-S1」

編集部:平山洸太
2018年08月02日
オーエスは、超短焦点プロジェクター専用壁付けハンガー「OWM3000-S1」を8月3日(金)発売する。価格はオープンだが、50,000円前後での実売が予想される。

「OWM3000-S1

本製品は30cm前後の投写距離から100インチの映像を投写可能な超短焦点プロジェクターを壁付けできる汎用固定器具。同社の取り扱う超単焦点プロジェクター「Optoma」専用の固定器具「OWM3000」をベースに設計され、EPSON、NEC、HITACHI各社の超短焦点プロジェクターに対応可能なアタッチメントプレートを付属したもの。

取り付けイメージ

最大で13.5kgの搭載質量に対応。アーム長は415 - 830mmの間で無段階に可変が可能で、アームにはケーブルを隠すことができる。設置時の投写距離調整に配慮し、アーム側面にスケールが表示されている。また水平回転(±5度)・上下/左右チルト(±5度)の調整にも対応した。外形寸法は448W×443 - 858D×164 - 244Hmm。

対応のプロジェクターは各社以下の通り。

Optoma:W320UST、EH320UST、ZH400UST
EPSON:EB-710UT、EB-1470UT、EB-1460UT EB-1440UT、EB-700U、EB-695WT、EB-685WT
NEC:NP-UM352WJL、NP-UM361XJL
HITACHI:CP-TW3506J、CP-TW3005J、CP-AX3505J、CP-AW3005J

関連リンク

関連記事