各社イヤホン用に3タイプを用意

Song's Audio、新リケーブル「GALAXY Proシリーズ」。アニール処理導体などで高音質化

編集部:小野佳希
2018年07月06日
オヤイデ電気は、リケーブルブランド「Song's Audio」の新製品として、スイッチクラフト製プラグの採用などでさらなる音質向上を図った「GALAXY Proシリーズ」を7月13日から発売する。オープン価格だが25,800円前後での実売が予想される。ラインナップは下記の3タイプ。

・GALAXY Pro-IE(ゼンハイザー IE8/IE80/IE80s用)
・GALAXY Pro-MX(Shure SEシリーズ/Westone W/UMシリーズなど用)
・GALAXY Pro-TF(Ultimate ears 10pro/5pro用)

GALAXY Pro-IE

2013年に発売した「GALAXY Plus」の後継で、仕様変更でさらなる高音質化を図ったモデル。信頼性の高いスイッチクラフト製プラグ、ケーブルの編み方式の変更、アニール処理を施した導体の採用により、GALAXY Plusのサウンドをさらに磨き上げたとしている。なおプラグは3.5mmの金メッキストレート型。

GALAXY Pro-MX

同社では「情報量が多く優れた帯域バランスが特長のGALAXY Proは、再生楽曲へのより深い没入感を演出する」とアピール。「特にIE80を代表とするダイナミック型ドライバ搭載IEMと相性が良く、最適なリケーブルの一つとなるだろう」としている。

GALAXY Pro-TF

シース素材はFEP(フッ化エチレンプロピレン)で、導体素材は上記のようにアニール処理済み銀メッキ高純度銅撚線。導体サイズはAWG#26×2/AWG#28×2。ケーブル長は120cm。

関連記事