マルチアングル機能も提供

TVer、W杯全64試合のハイライト動画を配信。生中継配信も

編集部:小野佳希
2018年06月14日
民放各局合同による見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」は、「2018 FIFA ワールドカップ特設ページ」を開設。全64試合のハイライト動画に加え、一部試合では生中継配信も実施する。

UIイメージ

ライブ配信は6月15日のエジプト対ウルグアイ戦を皮切りに一部の試合で実施。ハイライト動画は、日別ページやチーム別ページで探すことができる。

また、マルチアングル機能でゴールシーンを様々な角度から見ることも可能。そのほか、試合丸ごと動画や選手インタビューなども配信する。

TVerは在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBS テレビ、テレビ東京、フジテレビ)が運営するサービス。現在、在阪民放4社(毎日放送、朝日放送テレビ、読売テレビ、関西テレビ)も含めた9社で連携し、約170番組を広告付きでパソコン・スマートフォン(アプリ)・タブレット(アプリ)向けに無料で公式配信している。もちろん今回のワールドカップ関連番組も無料で視聴できる。

関連リンク

関連記事