旧パッケージ製品も対象

SHURE、イヤホン「SEシリーズ」の製品保証期間を2年間に統一。購入済み機器も対象

編集部:川田菜月
2018年06月07日
Shure Japanは、同社イヤホン「SEシリーズ」について、現行モデル全製品の保証期間を本日6月7日より2年間に統一する。

新パッケージから2年保証に統一。旧パッケージ製品も2018年6月7日以降の購入であれば自動的に2年保証にアップグレードする

これまで同社イヤホン製品の保証期間は1年間と2年間のものが混在していたが、2018年6月7日出荷の新パッケージからは、2年保証と記載された限定保証についての説明書(LIMITED WARRANTY)を同梱。すでに販売されている旧パッケージに関しては、購入日が2018年6月7日以降であれば、自動的に2年保証にアップグレードされるとのこと。

サービス適用は購入日によって異なるため要確認

また、すでにSEシリーズのイヤホンを購入したユーザーについては、2017年6月8日まで日付を遡って、2年保証のサービスを提供するとしている。対象製品一覧は以下のとおり。

2年保証サービス対象モデル(※サービス適用可能は購入日によるため要確認)
「SE112」「SE215」「SE215 Special Edition」「SE315」「SE425」「SE535」「SE535 Special Edition」「SE846」

サービス対象となるモデル一覧

同社は「より良いアフターサービス体制を確立することで、“THE MOST TRUSTED AUDIO BRAND WORLDWIDE(世界で最も信頼されるオーディオブランド)”として、世界中のユーザーに愛される音作りとブランドを目指す」としている。

関連記事