単3電池2本で駆動

WINTECH、オートリバース対応のラジオ付きテープレコーダー

編集部:小野佳希
2018年05月24日
廣華物産(株)は、自社ブランドのWINTECHより、オートリバース対応テープレコーダー「PCT-11R2」を6月2日に発売する。オープン価格だが4,000円前後での実売が予想される。

PCT-11R2

単3乾電池2本で駆動するラジオ付きテープレコーダー。カセット再生時はオートリバースに対応している(録音時は片面オートストップ)。また、本体上部には再生反転スイッチを搭載している。

カセットデッキはオートリバース対応

ラジオはAM/FMチューナーを搭載し、FMワイドバンド対応。ラジオをカセットに録音することもできる。自分の声などを録音できるようマイクを本体に内蔵し、ワンタッチ録音方式を採用している。

デジタル時計を内蔵し、ラジオに対するアラーム機能を搭載。イヤホンジャックはモノラル出力だがステレオイヤホンも使用できる。

関連リンク

関連記事