同社株式の借株に伴って

オンキヨー株式会社の筆頭株主、再びパイオニア株式会社へ異動

編集部:小澤貴信
2018年04月11日
オンキヨー(株)は、同社の筆頭株主がパイオニアへ異動したと発表した。今回の筆頭株主異動は、オンキヨーの株主であるEvolution Technology, Media and Telecommunications Fundが、オーエス・ホールディング株式会社から4月3日付で同社の株式 6,000,000株を借株したことに伴うものとなる。


オンキヨーは先日、Evolution Technology, Media and Telecommunications Fundが借株していた同社株式6,000,000株が、オーエス・ホールディング(株)に3月23日付で返還されたと発表。これに伴い、筆頭株主がこれまでのパイオニアから、オーエス・ホールディングへ異動したと発表していた。今回、Evolution Technology, Media and Telecommunications Fundがオーエス・ホールディングスから6,000,000株を借株したことで、再びパイオニアが筆頭株主となった。

従って筆頭株主であるパイオニアの所有株式数は今回の異動前と変わらず(10,835,900株、議決権の数は108,359)、総株主の議決権の数に対する割合も異動前から引き続き10.43%となる。

また、大株主順位2位となったオーエス・ホールディングスについては、所有株式数が14,258,000株から8,250,000株と減り(議決権の数は142,580から82,580へ)、総株主の議決権の数に対する割合は13.73%から7.95%へと減少した。

関連記事