「今後の自動運転に大きく貢献」

パイオニアの走行空間センサー「3D-LiDAR」、NVIDIAの自動運転用ソフトウェア開発キットに対応

編集部:押野 由宇
2018年04月02日
パイオニアは、同社が開発を進める「3D-LiDAR」が、NVIDIAが開発・提供を進める自動運転用のソフトウェア開発キット「NVIDIA DriveWorks」の対応製品となったことを発表した。

パイオニアと米NVIDIA Corporationは、昨年12月から協業を推進(関連ニュース)。NVIDIA DriveWorksには自動運転用のリファレンス アプリケーション、ツール、ライブラリ モジュールが含まれており、「NVIDIA DRIVE AIコンピューティングプラットフォーム」を活用して開発を進めるメーカーやデベロッパーをサポートする。

3D-LiDARは、遠方の物体までの高精度な距離の測定や、物体の大きさを検出できるセンサーで、物体形状の把握も可能であることから、自動運転に不可欠なキーデバイスとしている。パイオニアでは、2020年以降の量産化を目指し3D-LiDARの開発を進めており、昨年9月より国内外の自動車メーカーやICT 関連企業などへサンプル供給を開始している。

本件について、エヌビディアのテクニカル・マーケティングのシニアディレクターであるグレン・シュスター氏は、「3D‐LiDARは大量のデータを生成するため、センサーによって収集された情報を正しく理解するには、多大な計算能力および深い専門知識が求められます。NVIDIA DRIVEのエコシステムの一部として、パイオニアの3D-LiDARは世界中の自動運転車の研究開発を加速させるでしょう」とコメント。

パイオニアの執行役員 自動運転事業開発部長である西村 紳介氏は、「エヌビディアとの連携により、当社の3D-LiDARを利活用しやすい環境のご提供が可能となり、今後の自動運転の実現に大きく貢献できるものと信じております」と述べている。

関連記事