φ6mmダイナミックドライバーを搭載

パイオニア、ブランド初の完全ワイヤレスイヤホン“C8 truly wireless”「SE-C8TW」

編集部:川田菜月
2018年03月22日
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、パイオニアブランド初の完全ワイヤレスイヤホン“C8 truly wireless”「SE-C8TW」を4月上旬から発売する。価格はオープンだが、15,000円前後での実売が想定される。

“C8 truly wireless”「SE-C8TW」

SE-C8TWは、強磁力マグネットを使用したφ6mmダイナミックドライバーを搭載した左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン。耳奥にしっかりと収まるよう筐体設計を施しており、迫力ある低音を再生するとしている。

本体には約2mmピッチの細かいディンプルを形成したシリコン製スリーブを採用。汗の蓄積による蒸れを軽減し、長時間使用時でも快適かつ安定感ある装着を可能にするとのこと。

約2mmピッチの細かいディンプルを形成したシリコン製スリーブで、快適かつ安定感ある装着を可能にする

操作ボタンとマイクも装備。曲送り/戻し、着信応答などの操作やハンズフリー通話も可能。3回タップすることで、SiriやGoogleアシスタントといったBluetooth接続したスマートフォンの音声アシスタント機能の起動も行える。

BluetoothはVer.4.2を搭載、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデックはSBC/AACをサポートする。最大2台のマルチペアリングにも対応する。

本体は約1時間の充電で最大3時間の連続駆動が可能で、2回分の充電ができる付属ケースと合わせて、合計9時間の連続使用ができる。付属ケースはフル充電が約3.5時間。側面にバッテリー残量を示すランプを備えており、ケースをタップすることで確認できる。

付属ケースと合わせて合計9時間の使用が可能

ケースは側面にバッテリー残量が分かるランプを装備

また、パイオニアブランドのBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン専用の音声読み上げアプリ「Notification App」に対応。ワイヤレス再生などを楽しみながら、接続したAndroidスマホに届いたメールやSMS、LINEやTwitterなどの通知を音声で確認することができる。

質量はイヤホン本体が12g、ケースは125g。S/M/Lサイズのシリコン製イヤーチップ、USB Type-Cケーブルを同梱する。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドPIONEER
  • 型番SE-C8TW
  • 発売日2018年4月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)

関連記事