従来製品比26.5%小型化

バッファロー、小型化で放熱性能も向上したテレビ録画向けUSB 3.1外付けHDD

編集部:押野 由宇
2018年02月28日
バッファローは、24時間連続録画に対応する高信頼のテレビ録画向けハードディスクを採用したUSB 3.1(Gen.1)外付けHDD「HD-LLDU3-Aシリーズ」を3月中旬より順次発売する。

「HD-LLDU3-Aシリーズ」

・「HD-LLD1.0U3-BKA」(1TB)¥13,900
・「HD-LLD2.0U3-BKA」(2TB)¥16,100
・「HD-LLD3.0U3-BKA」(3TB)¥18,400
・「HD-LLD4.0U3-BKA」(4TB)¥25,100
*価格はすべて税抜

本製品は、パナソニック社が認定している録画用ハードディスクを採用し、DIGAやパナソニック製プラズマ/液晶ディスプレイVIERAの増設HDDにも最適な推奨製品となる。3番組同時録画に対応しているDIGAに接続すれば、本製品への3番組同時録画も可能。

従来製品と比べて26.5%の小型化を実現した幅114mm、高さ33mm、奥行き171mm(本体のみ、突起部除く)の新デザイン筐体を採用。また、無駄な空間をなくすことで空気層を削減、放熱性能を向上させることでファンレス設計を実現したとする。

音漏れの原因となる通気孔をなくしたり、筐体とハードディスクとの間に振動音を抑える防振用シリコンゴムを設置することで動作音を低減。さらに、筐体底面のゴム足が接地面の共振を遮断し駆動音を低減した。

設置場所に合わせて横置き、縦置きが選択可。LEDアクセスランプはLEDの光が番組視聴を邪魔しないよう側面後方に配置している。

縦置きも可能

関連記事