充電しながらの使用にも対応

バッファロー、低遅延「aptX LL」対応のBluetoothトランスミッター&レシーバー

編集部:成藤正宣
2017年09月21日
バッファローは、低遅延のaptX LL(Low Latency)コーデックに対応したBlueoothトランスミッター兼レシーバー「BSHSBTR500BK」を発売する。オープン価格だが、直販サイト「バッファローダイレクト」における価格は8,618円(税込)。

BSHSBTR500BK

オーディオ機器などの3.5mm入出力と接続し、Bluetooth送信機または受信機として利用できる製品。本体の端子は3.5mmステレオミニプラグだが、オスメスを変換できる中継コネクターが同梱する。

3.5mmステレオミニプラグ/ジャックどちらにでも対応できる中継コネクターを同梱。ヘッドホンなども接続可能

コーデックとして音声遅延の少ないaptX LLに対応。対応機器と接続することで動画の音ズレなどを抑えて視聴することができる。その他、aptX、SBCにも対応する。

バッテリー持続はは受信モード時最大約11時間、送信モード時最大約16時間。付属のUSBケーブルによって充電しながら使用することも可能。また一定時間未接続状態が続くと自動的に省電力モードに移行する。

Bluetoothバージョンは4.2+EDR。外形寸法は29W×56H×7Dmm。質量は約14g。

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドBUFFALO
  • 型番BSHSBTR500BK
  • 発売日2017年10月上旬
  • 価格¥OPEN(直販価格¥8,618/税込)
【SPEC】●Bluetoothバージョン:Ver. 4.2+EDR ●対応コーデック:aptX LL、aptX、SBC ●バッテリー持続時間:受信モード時/最大約11時間、送信モード時/最大約16時間 ●外形寸法:29W×56H×7Dmm ●質量:
約14g。

関連記事