高さや角度が調整できるスタンドと操作リモコンを付属

アイ・オー、WQHD対応の広視野角23.8型「GigaCrysta」ゲーミングディスプレイ

編集部:押野 由宇
2018年02月14日
アイ・オー・データ機器は、ゲーミング液晶ディスプレイ「GigaCrysta(ギガクリスタ)」シリーズの新製品として、WQHD解像度に対応した23.8型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-GCQ241XDB」を2月末より発売する。価格はオープンだが、39,800円前後での実売が予想される。

「LCD-GCQ241XDB」

本機は、フルHD(1,920×1,080)の約1.8倍の表示領域となる2,560×1,440ドットのWQHD解像度に対応したゲーミングディスプレイ。23.8型のワイド画面には上下左右178°の広視野角なADSパネルを採用し、視聴位置や角度による色やコントラストの変化を抑えることができる。

スルーモード機能では、超解像機能やオーバードライブ機能を有効にしていても、内部遅延時間が約0.04フレーム(約0.7ミリ秒)を実現。また画面の応答速度を向上させるオーバードライブ機能は、レベル2の設定で応答速度約5msを実現し、動きの速いシーンの残像感を低減する。

ほか、暗いシーンに隠れた敵もより鮮明に映し出すことができる「Night Clear Vision」や、映像にメリハリを出し鮮やかに表現する「エンハンストカラー」機能、映像を自動で判別し最適な明るさにする「CREX」機能の搭載、超解像技術による解像感の向上やガンマ設定(2.0 - 2.2)などの映像コントロール設定を備える。

設計面では、高さや角度を好みに合わせて調整できるゲーミングスタンドやフラットなフレームレスパネルを採用。また、入力切り換えやゲームのジャンルに合わせたモードの選択に便利なリモコンが付属する。

本体には2.0W+2.0Wのステレオスピーカーを内蔵。入力端子としてHDMI×3、DisplayPort×1、出力端子には3.5mmステレオミニジャックを1系統備える。外形寸法は541W×231D×426〜536Hmm、質量は6.3kg(ともにスタンドあり)。

関連記事