Androidスマホで視聴可能

アイ・オー、約30時間分の録画番組を保存できるSeeQVault対応ポータブルSSD「SDP-SQ30H」

編集部:川田菜月
2018年02月07日
アイ・オー・データ機器は、SeeQVaultコンテンツの録画番組を保存して持ち運びができるポータブルSSD「SDP-SQ30H」を2月末から発売する。価格は27,700円(税抜)。

ポータブルSSD「SDP-SQ30H」

SeeQVault対応レコーダーにUSBケーブルをつなぐことで、地デジ放送/DR画質であれば約30時間分の録画番組を本体に保存可能。ドラマなどであれば約1クール(10話)3タイトルの番組を持ち運ぶことができるとしている。

本製品とケーブル接続することでAndroidスマートフォンで視聴が可能で、スマホ側の容量や通信量を気にすることなく録画番組を楽しめるとのこと。なお視聴にはピクセラ社製のAndroid用アプリ「SeeQVault プレーヤー」を使用する必要がある。本アプリは2020年6月末まで無償配布予定。

USB 3.0にも対応。付属ケーブルは長さ約80cmのレコーダー接続用を1本、長さ約1mのスマホ接続用ケーブルをUSB Micro B/Type-Cの2本用意する。

対応OSはAndroid 4.3 - 8.0/Windows 10。外形寸法は約134W×26H×78Dmm(ゴム足含む)、質量は約130g。

関連記事