世界のユーザーに向けてラインナップを強化

NetflixがプロダクションI.G、bonesと業務提携。アニメを共同制作し世界190カ国で配信

編集部:川田菜月
2018年01月31日
Netflixは、日本のアニメプロダクションの(株)プロダクション・アイジー(I.G)および(株)bonesとアニメ作品における包括的業務提携を結ぶと発表。本提携により、同社はI.G/bonesの両社とそれぞれアニメを共同制作し、Netflix上で世界190カ国に配信する。包括的業務提携の中には、I.Gのグループ会社である(株)ウィットスタジオも含まれるとのこと。

日本のアニメプロダクションと業務提携。共同でアニメを制作し、世界190カ国向けに配信

同社は、日本発のハイクオリティなアニメ作品を制作し、Netflixがサービス展開する190カ国へ配信することで、世界のNetflixユーザーに向けたアニメ配信のラインナップの強化を図ることを目的としている。制作される作品の詳細は追って決定されるとのこと。

本提携により、日本のアニメ制作者やクリエーターにとっては、Netflixのグローバルプラットホームを通じて作品を配信することで、数多くの海外のアニメファンに広く届けられるとし、またNetflixユーザーにとっては「言語や文化の壁を超えて日本のハイクオリティなアニメ作品を楽しむことが出来る」とアピールする。

業務提携を結ぶI.G社の代表取締役社長・石川光久氏は「日本発の高品質なコンテンツをNetflixを視聴する世界中の人々に届け楽しんでいただくことは、アニメに関わる制作者にとって非常に喜ばしいこと。言語問わず楽しめるようなコンテンツ制作に努める」とコメント。

bones社の代表取締役社長・南雅彦氏は「世界中の視聴者に対して作品を発信できる今回の提携は、弊社のクリエーターにとって大きな意味があると感じている。今後Netflixと一緒に、国籍や年齢を問わず多くの人に感動を与え、末永く見続けてもらえる良い作品を制作していきたい」としている。

Netflixのグローバルアニメ責任者であるバイスプレジデントのロバート・ロイ氏は、「日本のアニメは独自のビジュアルインパクトやストーリーの深さが世界中のアニメファンから定評がある。本提携によりアニメ作品のプロデュースから配信にまで携わられることを嬉しく思う。Netflixが国や言語を超えグローバルな配信を提供することで、日本のアニメ文化の発展に貢献していきたい」とした。

関連リンク

関連記事