VR酔いしにくい

エレコム、1眼レンズで酔いにくいVRゴーグル。スタンダード型と折りたたみ型

編集部:風間雄介
2018年01月16日
エレコム(株)は、スマホを装着してVR/ARを楽しむゴーグル型グラス2製品を1月下旬に発売する。

発売するのはスタンダード型の「P-VR1G01」と、折りたたみ型の「P-VR1G02」の2機種となる。

スタンダード型の「P-VR1G01」(ブラック)

「P-VR1G01」(ホワイト)


折りたたみ型の「P-VR1G02」

本体を広げたところ。持ち運ぶのに便利

視差のない1眼レンズタイプを採用しているため、VR酔いしにくいのが特徴。ただし1画面コンテンツ視聴専用となるため注意したい。

レンズにはフレネルレンズを採用している。装着時にスマホのカメラレンズをふさがない設定になっており、カメラを使ったARコンテンツにも対応している。

スタンダード型はブラックとホワイトの2色を用意しており、価格は5,890円(税抜)。質量は約310g。長さ調整ができるヘッドバンドを装備したほか、柔らかいクッションも備え、フィット感を高めた。4インチから6インチのスマホに対応している。

また折りたたみ型はブラックのみの展開で、約130gと軽量なこともあって簡単に持ち歩けるのが特徴だ。価格は5,040円(税抜)。こちらは4.7インチ〜5.3インチのスマホに対応しており、ヘッドバンドの長さ調節も可能。スマホの装着は長さ調節が可能な固定スナップ式。3方向からスマホを固定できる。

折りたたみ式タイプの装着イメージ

関連記事