Bluetoothノイズキャンセリングヘッドホンも

<CES>JVC、防滴仕様のスポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン「HA-ET90BT」。約150ドル

編集部:成藤正宣
2018年01月10日
JVCは、米ラスベガスで開催中の「CES 2018」にて、完全ワイヤレス方式のスポーツ向けBluetoothイヤホン「HA-ET90BT」、折りたたみ可能なBluetoothノイズキャンセリングヘッドホン「HA-S80BN」を発表。「HA-ET90BT」はアメリカで3月ごろの発売を予定し、価格は149.95ドル。「HA-S80BN」は5月ごろの発売を予定し、価格は99.95ドル。日本での発売に関しては不明。

HA-ET90BT(ブラック)

HA-ET90BT(イエロー)

「HA-ET90BT」はIPX5の防滴性能を備えたスポーツモデルで、耳のくぼみにはまり込むソフトラバー製の羽状パーツ「ピポットモーションフィット」や、ふくらみを持たせたハウジング背面、本体が耳に対して垂直になる装着方法により、イヤホン本体が耳から脱落しにくい構造となっている。

連続再生時間は約3時間。付属する軽量ケースは充電機能を備え、イヤホンを2度フル充電することが可能。また、充電ケースとは別にソフトキャリングポーチが付属する。

イヤーピースは、外部の音が聞き取りやすい「オープンタイプ」と、一般的なカナル型イヤホンのイヤーピースの2種類が付属。左ユニットには通話マイクと操作ボタンが内蔵される。

また、コンパニオンアプリ「JVC Headphones Manager」に対応し、バッテリー残量の10段階表示、フラット/バス/クリアの3つのサウンドモード、イヤホンがどこのあるか検索する機能などを利用することができる。

「HA-S80BN」はBluetoothとノイズキャンセリングを同時使用したまま約11時間の連続再生が可能なヘッドホン。Bluetoothのみの使用では約16時間、付属のケーブルを接続したノイズキャンセリングのみの使用では約26時間の連続再生が可能。

本体は折りたたみが可能で可搬性に優れている他、ノーマル/バス/クリアの3つのサウンドモードを備えている。

詳細は追ってレポートする。

関連記事