機器との接続性を向上

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」がアップデートで音途切れを改善

編集部:押野 由宇
2017年11月30日
ソニーは、完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」の本体アップデートを本日11月30日から開始。音途切れの抑制など機器との接続性が向上させた。

「WF-1000X」

アップデート後のソフトウェアバージョンは1.0.7。本再生機と左側のヘッドセットとの通信が優先される仕組み上、右側のヘッドセットの音が途切れたり、出なかったりすることがあるという音途切れ問題が抑制されたほか、iOS機器で音質モードを変更すると、本体の電源が切れる症状が改善された。

なお、アップデートで音途切れが改善されず右側の音が途切れる場合、Wi-Fiや電子レンジ、コードレス電話などの2.4GHz帯の電波が多く飛び交う環境では、音質モードを「接続優先モード」に変更すると改善することがあるとのこと。また、iPhoneやiPodなど、BluetoothのAACコーデックに対応している機器の場合は、常に「音質優先モード」での使用が推奨されている。

また何らかの理由により、接続がうまくいかず右側の音がでないことがあるとのことで、その場合は本機の電源をオフにして再度電源をオンにし、機器との接続を再度行うようアナウンスされている。

関連記事