音響設計も改善

ゼンハイザー、定番モデルの後継イヤホン「IE 80 S」。 低域調整機構を搭載

編集部:小澤貴信
2017年10月12日
ゼンハイザーは、ダイナミック型イヤホン「IE 80 S」を10月26日より発売する。価格はオープンだが、40,000円前後での実売が予想される。

ゼンハイザー「IE 80 S」

ハウジングに低域の調整ダイヤルを備える

ロングセラーモデル「IE80」をベースにしたイヤホン。ゼンハイザーの豊富な専門技術と知識を駆使し、オーディオ性能をさらに高めたという。

よりスタイリッシュでコンパクトなデザインを採用。随所にステンレスパーツを採用し、ハウジングもステンレスをあしらった。左右が分かりやすいよう、右のイヤホンコネクター部には赤のストレインリリースを採用した。

IE 800 Sはケーブル交換も可能

付属のケーブルはY型で1.2m

ドライバーはダイナミック型で、ネオジムマグネットを採用している。周波数特性は10Hz-20kHz、インピーダンスは16Ω、音圧レベルは116dB。

イヤホン本体のノズル部(イヤーピースを外したところ)

筐体をコンパクトにしつつ、従来に比べてフィット感を向上。さらに音響設計も改善して、よりクリアで再現性の高いサウンドを実現したとしている。

ケーブルは交換可能で、これまでと同様2ピンのケーブルを採用している。これによって長期にわたって使用できるほか、リケーブルなどでイヤホンをカスタマイズしたりすることができる。またイヤーフックも付属し、これを使うことでよりフィット感を高められる。

なお、付属のケーブルは1.2mでY型。プラグは3.5mmで、コネクターはストレートタイプ。そのほか、1ボタンコントロールとインラインマイクを装備するオプションのスマートリモコン付きケーブルも別売りで用意する。

着脱式ケーブルは3.5mmステレオミニ端子(ストレートタイプ)を採用

またハウジングには、低域を調整できるアジャスターを搭載。低域に迫力を加えて音楽を楽しむことができる。

ハウジング部に低域調整を行うネジを内蔵している

イヤーチップは、標準シリコン、ラメラシリコン、Complyフォームの3種類を付属。それぞれについてS/M/Lの3サイズを同梱する。キャリングケースやクリーニングツールも同梱する。質量は約18gとなる。

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドSENNHEISER
  • 型番IE 80 S
  • 発売日2017年10月26日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)
【SPEC】●型式:ダイナミック・カナル型 ●インピーダンス:16Ω ●周波数特性:10Hz〜20kHz ●ケーブル長:1.2m ●質量:約18g

関連記事