歌詞も一緒に表示できる

ヤマハ、音楽再生アプリ「mysoundプレーヤー」にコード表示機能を実装

編集部:川田菜月
2017年09月26日
ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスは、スマートフォン向け音楽再生アプリ「mysoundプレーヤー」をバージョンアップ。独自の解析技術を用いた「コード表示機能」を追加した。

音楽再生アプリ「mysoundプレーヤー」にコード表示機能を追加

コード表示機能では、同社独自の音声信号解析技術を組み込み、楽曲のコードを判定して画面上に表示することができる。アプリの再生画面上にある「コード」アイコンをタップすると解析を開始、その後コード譜を表示するというもの。コードのほか、歌詞、ギターおよびピアノ譜、五線譜が同時に確認可能。コードの押さえ方が分かる「ポジション表示」やギター演奏での押さえ方を簡易化する「カポタスト設定」、指定区間をループする「ABループ再生」に対応する。本機能はiOS9.0以上、Android4.1以上に対応する。

歌詞なども一緒に表示できる

mysoundプレーヤーはiOS/Android向け無料音楽再生アプリ。再生できるファイル形式はAAC/MP3/WAV/AIFF/ALAC/3GP/MID/FLAC。なお、FLAC形式の楽曲は192kHz/24bitまでに対応し、コード表示が非対応になるとのこと。

本アップデートに伴い、ヒット曲や話題曲のギターパートを抜いたギター版カラオケ「ギター弾き語り用マイナス・ワン」を会員向けに配信するなど、楽器演奏者に向けた独自コンテンツの提供も開始した。

関連リンク

関連記事