撮影映像から高精細な3D空間データを構築

キヤノン、自由視点映像生成システムを開発中 ー 11月開催のInter BEEでデモを予定

編集部:小澤貴信
2017年09月21日
キヤノンは、同社のイメージング技術を用いた映像ソリューションとして、自由視点映像生成システムの開発に取り組んでいることを発表した。

自由視点映像生成システムのイメージ

自由視点映像生成システムは、スタジアム内を取り囲むように設置した複数の高解像度カメラをネットワークでつなぎ、ソフトウェアでコントロールしながら、同じタイミングで多方向から撮影を行う。撮影後、画像処理技術を用いて、撮影映像から高精細な3D空間データを構築。その3D空間で仮想カメラを自由に動かし、さまざまな視点から好みの角度で映像を見られる自由視点映像を生成する。

自由視点映像は、3D空間で仮想カメラを動かし、スタジアム内を自由に飛び回ることや、試合中のフィールドに入り込み、選手と同じ場所を疑似体感できるといった、従来にない映像体験を実現できるとする。また、競技観戦の新しい楽しみ方を広げることに加えて、チームや選手の強化などへ活用する可能性の拡大も目指すという。

なお、この自由視点映像生成システムは11月15日から開幕するInter BEE2017にてキャノンブースで紹介される予定だという。

関連記事