「耳に心地よく目に優しい」

オリオン電機、オーディオエンジニアがチューニングした音質重視のテレビ「極音」シリーズ

編集部:成藤正宣
2017年09月01日
オリオン電機は、元老舗オーディオブランドのエンジニアが音響設計を担当した液晶テレビ「極音」シリーズを10月上旬から発売する。32型「RN-32SH10」と24型「RN-24SH10」の2機種展開で、価格はオープン。

「極音」シリーズ「RN-32SH10」(左)「RN-24SH10」(右)

「耳に心地よく目に優しい」をコンセプトにしており、画質面をオリオン電機が、スピーカーユニット、キャビネット、アンプ回路などの音響設計に関しては老舗オーディオメーカーで実績を持つエンジニアが担当する。

スピーカーエンクロージャーは液晶パネル部から独立して設けられ、素材はポリカーボネートと肉厚ABS樹脂の複合素材で高剛性化を図っている。搭載されるフルレンジスピーカーは大型長方形マグネットを採用した100W×40Hmmサイズ。「安定して自然でふくよかな音声と、迫力ある低音域をバランス良く再生する」としている。

液晶部と独立したスピーカー設計

「RN-32SH10」のみ、高分子素材を使用する振動板とボイスコイルを一体化したΦ35mmバランスド・ドームトゥイーターを追加。外側に角度をつけて配置することで、音声をさらにクリアで聴き取りやすい品質に仕上げているという。

32型ではトゥイーターが追加される

アンプ回路は明瞭感を向上させるため、高級オーディオにも採用される高品質フィルムコンデンサーを採用する他、電源回路、アース回路からチューニング。アンプ出力は「RN-24SH10」が左右合わせて6W、「RN-32SH10」が20Wに達する。

高級オーディオでも採用されるコンデンサーを採用

液晶部には裏番組録画用として、地デジとBS / 110度CSチューナーを2基ずつ搭載。USB端子に外付けHDDなどを接続することで番組を視聴しながら裏番組の録画が可能。入出力端子として、2系統のHDMI端子とミニD sub-15pin端子、外部メモリー接続用と給電用の2種類のUSB端子を備える。

ディスプレイにはブルーライト軽減機能を備える他、「RN-32SH10」では独自開発のLEDバックライトモジュールを搭載。32型クラスの中では最高域のNTSC比約85%の色域と、より自然な色を実現したとしている。画面解像度は共通して1366×768。

「RN-32SH10」の定格消費電力は55W。外形寸法(スタンド含む)は735W×524H×188Dmm。質量は6.5kg。

「RN-24SH10」の定格消費電力は41W。外形寸法(スタンド含む)は552W×415H×188Dmm。質量は4.0kg。

関連記事