「PS2000e Balanced (4pin XLR)」

GRADO、開放型旗艦ヘッドホン「PS2000e」に4ピンバランスXLR端子モデル

編集部:小野佳希
2017年08月18日
ナイコムは、同社が取り扱うGRADOのフラグシップヘッドホン「PS2000e」に、4ピンバランスXLR端子を採用したモデル「PS2000e Balanced (4pin XLR)」を8月25日から発売する。価格は339,000円(税抜)。

PS2000e Balanced (4pin XLR)

7月に発売された開放型(オープンエア型)同社最上位ヘッドホン「PS2000e」(関連ニュース)のバリエーションモデル。PS2000eは6.3mmステレオ標準プラグだったが、今回の本機では4ピンバランスXLR端子を採用している。6.3mmステレオ標準プラグや3.5mmステレオミニプラグへの変換ケーブルおよび延長ケーブルも付属する。

そのほかのスペックはベースモデルと同様で、新設計のドライバーユニットを採用。ユニットのダイアフラム(振動板)の形状を再検討することで、放出される信号の回折を最小限に抑えることに成功したとのこと。新しいエアチャンバー用に、フロントキャップとグリルの見直しも行った。

また、メープル木材の内部ハウジングを合金製の外部ハウジングで覆う構成のハイブリッドハウジングを採用。これにより、リンギングやノイズ、音の歪みなどを排除したという。

そのほか、ドライバーユニットのシャーシやワイヤー、ボイスコイル、マグネットに至るまで、現在考え得る最高級の素材を厳選して採用したとしている。

周波数特性は5Hz〜50kHz、チャンネルバランスは0.05dB、インピーダンスは32Ω、感度は99.8dB。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドGRADO
  • 型番PS2000e Balanced (4pin XLR)
  • 発売日2017年8月25日
  • 価格¥339,000(税抜)
【SPEC】●型式:開放ダイナミック型 ●ドライバー径:50mm ●インピーダンス:32Ω ●出力音圧レベル:99.8dB ●再生周波数帯域:5Hz〜50kHz ●プラグ:4ピンXLR

関連記事