HOME > ニュース > ソニー、ディープラーニングのプログラム生成ができるソフトウェア「Neural Network Console」を無償提供

8月17日より無償提供開始

ソニー、ディープラーニングのプログラム生成ができるソフトウェア「Neural Network Console」を無償提供

2017/08/17 編集部:川田菜月
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニー(株)は、ディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成できる統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」を、本日8月17日より無償で提供開始した。

「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」を無償で提供開始

ディープラーニングとは、人間の脳を模倣したニューラルネットワークを用い機械学習方法の一つで、高い汎用性を備えることから機械翻訳や信号処理、ロボット制御など広範囲な対象に応用されている。同社はAI環境整備の一環として、6月にディープラーニング開発のためのコアライブラリ「Neural Network Libraries(詳細はこちら)」のオープンソース化を実施(関連ニュース)。

今回は、コアライブラリをGUIで操作できる新開発のコンソールソフトウェア「Neural Network Console(詳細はこちら)」の無償提供を開始。本ソフトウェアにより、直感的なユーザーインターフェースでニューラルネットワーク設計、学習、評価などを効率的に行いながら、ディープラーニングのプログラムを開発および各種製品・サービスへの搭載が可能となる。これにより業界でのディープラーニング関連開発の活性化と発展を目指すとしている。

一般的なプログラム生成では、ニューラルネットワークの構造をプログラムのコードを記述して関数ブロックを組み合わせることで構築している。本ソフトウェアでは、この関数ブロックの概念をそのままに、画面上にコンポーネントの形であらかじめレイヤー(関数ブロック)を用意し、GUI上に自由にドラッグ&ドロップで配置することができ、簡単な操作で生成が可能。開発効率の大幅な改善と、初心者でも視覚的に確認しながら短期間での技能習得を可能にするとしている。

直感的なユーザーインターフェースで、開発効率の向上を図る

ネットワーク設計の完了後は、ボタン一つで高速で自動学習。進捗状況や性能、結果を画面上でリアルタイムに確認できる。また、学習したニューラルネットワークおよび設計した性能を履歴として一覧して比較管理が可能となっている。

さらに、より高性能で軽量なニューラルネットワークを検索するチューニング作業を装備。自動で最適化された検索結果から、ニーズに応じて選択することができる。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック