ポタフェス東京で先行発売

ORB、ヘッドホンリケーブル 「Clear force」に3.5m 4極端子モデルを追加

編集部:小澤貴信
2017年07月07日
ORBは、ヘッドホンリケーブル「Clear force」シリーズに、プレーヤー側端子に3.5mm 4極端子を採用した7モデルを追加。7月24日より発売する。

Clear force MMCX 3.5φ 4pole Ver.2

・「Clear force MMCX 3.5φ 4pole Ver.2」¥15,000(税抜)
・「Clear force HD25 3.5φ 4pole」¥17,000
・「Clear force HD650 3.5φ 4pole(1.2m)」¥17,000
・「Clear force HD650 3.5φ 4pole (2.5m)」¥19,000
・「Clear force FitEar 3.5φ 4pole」¥22,000
・「Clear force Custom IEM 2pin 3.5φ 4pole」¥18,000
・「Clear force 3.5φ Slim body double 3.5φ 4pole」¥14,000

Clear forceシリーズは、徹底したノイズ対策を施すことで高いS/N比を実現したというヘッドホン/イヤホン用リケーブル。徹底した部品選定を行うことで、より微細な信号までもロスなく伝送することができるケーブル構造を実現。また、適切な組み付けにより信号伝達における抵抗を抑制することで、低域から中高域までクリアで臨場感溢れる音場を表現できることを特徴とする。

ヘッドホン側端子については、Clear force MMCX 3.5φ 4poleはMMCXを採用。Clear force HD650 3.5φ 4pole(1.2m)/(2.5m)はSENNHEISER「HD650」用の端子を採用。Clear force FitEar 3.5φ 4poleはFitEarイヤホン用端子を、Clear force Custom IEM 2pin 3.5φ 4poleはカスタムIEM用2pin端子を採用する。

Clear force 3.5φ Slim body double 3.5φ 4poleは、
Beyerdynamic「T1 2nd Generation」SONY「MDR-Z7」などのヘッドホン向け2×3.5mm端子を採用している。

なお、7月8日に開催の「ポタ研」会場にて先行試聴、7月15日・16日に開催される「ポタフェス東京」の会場で先行発売が実施される。

関連記事