価格は15,800円(税抜)

フォーカルポイント、米Aftershokzの骨伝導Bluetoothヘッドホン「TREKZ TITANIUM」

編集部:小澤貴信
2017年06月22日
フォーカルポイントは、米Aftershokz(アフターショックス)社と日本総代理店契約を締結。同社の骨伝導Bluetoothヘッドホン「TREKZ TITANIUM」の取り扱いを開始した。価格は15,800円(税抜)。

「TREKZ TITANIUM」

カラーはオーシャンピンク、アイビーグリーン、スレートグレー、ピンクの4色を用意する。

Aftershokzは、2011年10月にアメリカ・ニューヨークで誕生したブランド。すべての人が使えるイヤホンをテーマに、快適なオーディオライフを創る製品を目指しているという。

TREKZ TITANIUMは特許取得済みの骨伝導技術を採用することで、耳を塞がずに音楽を楽しめるというワイヤレスイヤホン。耳を塞がないので、運動時などでも環境音を聴き取ることができ、車や歩行者の接近に気がつくことができるとしている。

使用イメージ

また、耳を塞がずに使用できるため、圧迫感や閉塞感が少なく、長時間使用しても疲れにくく長時間でも快適に使用できるとのこと。汗などによる耳の蒸れも防ぐことができる。

ヘッドバンド部分には、100,000回以上の耐久テストに合格した、柔軟性と耐久性を兼ね備えたチタニウムバンドを採用。表面はラバーコーティング処理されていて、肌触りにも配慮されている。本体が約36gという軽量設計も特徴だ。

独自のPremiumPitch+技術により、骨伝導ヘッドホンでありながら、「広いダイナミックレンジと芳醇な低音を楽しむことができる」としている。同社は本技術によって「一般的なヘッドホンと同等のサウンドを実現した」とアピールする。また、LeakSlayer技術により、音漏れを最小限に抑えている。

IP55の防水規格を取得し、エクササイズ時の汗や小雨にも耐えうる。塵や埃などに対しても、十分な保護性能を持っているという。バッテリーを内蔵しており、約6時間の再生ができる。充電なしで約10日間のスタンバイも可能だ。また、1.5時間で満充電が行える。

あらかじめ2つのサウンドモードがプリセットされており、低音をブーストしてバイブレーションと共に迫力あるサウンドが楽しめるモードと、または低音とバイブレーションを控えめにして落ち着いて音楽を楽しめるモードが選択できる。

本体に内蔵されたマイクにより、iPhoneやスマートフォンを通じて電話やVoIPアプリなどを使った通話も可能。ノイズキャンセル機能により、周囲のノイズを排除して快適な通話が行えるという。

また、Audrey Says(オードリー セイズ)機能により、どの操作を行ったのか音声で通知。ペアリングやイコライザーの設定変更時も音声で知らせてくれる(英語のみ)。

Bluetoothは4.1で、マルチポイント接続にも対応。複数台のデバイスに同時に接続して、切り替えて使用することができる。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFP。

イヤープラグ、サイズ調整用のFitBands、充電用のUSB A - micro USBケーブル、専用ポーチが付属する。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAFTERSHOKZ
  • 型番TREKZ TITANIUM
  • 発売日2017年6月22日
  • 価格¥15,800(税抜)
【SPEC】●スピーカー方式:骨伝導方式 ●ワイヤレス方式:Bluetooth ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●感度:100 ±3dB ●マイク特性:- 40dB±3dB ●Bluetooth:Bluetooth ver 4.1 ●対応プロファイル:A2DP、AVRCP、HSP、HFP ●バッテリー駆動時間:約6時間 ●充電時間:約1.5時間 ●質量:約36g

関連記事