ビックカメラ・コジマ・ソフマップにて

ビックカメラ、KOIZUMIのBluetooth対応CDラジカセを独占発売。7,980円

編集部:伊藤 麻衣
2017年03月10日
ビックカメラは、KOIZUMIブランドのBluetooth機能搭載CDラジカセ「SDB-4810」を3月13日から、ビックカメラ・コジマ・ソフマップのオーディオ取扱い各店およびECサイトにて独占発売する。価格は7,980円(税抜)。

SDB-4810(左からブラック、シルバー)

本製品は、ワイドFM対応2バンドラジオ、CDプレーヤー、カセットプレーヤーに加え、Bluetoothスピーカー機能を搭載。スマートフォンやDAP内に保存された音楽の再生も可能となっている。Bluetooth規格は、バージョン2.1+EDR、プロファイルはA2DP/AVRCPをサポートする。

スピーカーは7.6cm口径、出力2Wのスピーカーをステレオで搭載。マイクを内蔵しカセットテープへの録音にも対応する。

電源は、電源コードに加え、単2形乾電池×8本での駆動も可能。乾電池を使用した際の連続再生時間は、ラジオ受信時が約18時間、CD再生時が約7時間、テープ再生時が約12時間、Bluetooth再生時が約14時間となる。

出力端子は、3.5mmステレオミニを装備。本体サイズは約324W×162H×236Dmmで、質量は約2,300g(乾電池含まず)。

関連リンク

関連記事