H3X PROは3ドライバー搭載

JH Audio、10ドライバー搭載カスタムIEM「JH16V2 PRO」。エントリー機「JH3X PRO」も

編集部:小澤貴信
2017年02月01日
ミックスウェーブは、JH AudioのカスタムIEM 2機種を新たにラインナップ。10ドライバー搭載の「JH16V2 PRO」と、3ドライバー搭載「JH3X PRO」を2月3日より発売する。

・「JH16V2 PRO」 ¥OPEN(予想実売価格185,926円前後)

「JH16V2 PRO」

JH16V2 PROは、10基のバランスドアーマチュア型ドライバー(BAドライバー)を搭載したカスタムIEMで、同社の定番モデルのひとつ「JH16 PRO」をグレードアップしたモデルとなる。

BAドライバーには、新開発した独自のミニクワッド・ドライバー「soundrIVe Technology」を採用。低域と高域の再現をさらに向上させたとのこと。特に高域向けクアッド・ドライバーについては、23kHzまでの帯域を確保しているという。ドライバー構成は低域×4、中域×2、高域×4で、3ウェイのクロスオーバーを備える。

他にも、各帯域の位相を正確に再現する独自技術「FreqPhase」、スチール製の音響管などを採用する。

また、特許技術の低音可変機構をケーブルに搭載することで、中高音のパフォーマンスに影響を及ぼすことなく低域を調整できるとする。

ケーブルは着脱式で、独自の4pinコネクターを採用。ライブパフォーマンスにも耐えられるようにロック式を採用する。周波数特性は10Hz〜23kHz、入力感度は118dB、インピーダンスは18Ωとなる。


・「JH3X PRO」 ¥OPEN(予想実売価格79,723円前後)

「JH3X PRO」

JH3X PROは、JH Audioの現在のサウンドデザインを2ウェイ・3ドライバーのコンパクトな設計にまとめたというカスタムIEM。独自の高精度BAドライバーを搭載し、構成は低域×1、中域×1、高域×1。2ウェイのクロスオーバーを搭載する。

本機も各帯域の位相を正確に再現する独自技術「FreqPhase」を採用している。ケーブルは着脱式で、こちらは2pin外資を採用している。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドJH AUDIO
  • 型番JH16V2 PRO
  • 発売日2017年2月3日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格185,926円前後)
【SPEC】●ドライバー:独自開発のバランスド・アーマチュア型(BA型) ●ドライバー構成:10ドライバー(Low x 4, Mid x 2, High x 4) ●クロスオーバー:3ウェイ・クロスオーバー ●周波数特性:10Hz〜23kHz ●入力感度:118dB ●インピーダンス:18Ω ●遮音性:-26dB ●入力端子:3.5mm ミニ端子
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドJH AUDIO
  • 型番JH3X PRO
  • 発売日2017年2月3日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格79,723円前後)
【SPEC】●ドライバー:独自開発のバランスド・アーマチュア型(BA型) ●ドライバー構成:10ドライバー(Low×4, Mid×2, High×4) ●クロスオーバー:3ウェイ・クロスオーバー ●周波数特性:10Hz〜23kHz ●入力感度:118dB ●インピーダンス:18Ω ●遮音性:-26dB

関連記事