dTVやゲオ チャンネル、AWAへの乗り換えを呼びかけ

定額制動画配信「UULA」、3月31日に全サービスを終了

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:伊藤 麻衣
2016年12月26日
(株)UULAは、2017年3月31日(金)をもって、定額制音楽/動画配信サービス「UULA(ウーラ)」のすべてのサービスを終了することを発表した。

公式サイトより

UULAは、ソフトバンクモバイルとエイベックス・グループ・ホールディングスによる共同運営により2013年2月にサービスを開始した。以来、ソフトバンクモバイルのスマートフォン向けに展開していたが、2016年3月に合弁会社UULAの株式をソフトバンクグループが手放し、共同事業を解消。エイベックスグループの100%子会社となっていた。

なお、同サービスは現時点で、新規入会を停止している。今後は、2017年2月28日(火)23時59分にダウンロード機能の停止(ストリーミング機能は利用可能)、3月31日(金)23時に全サービスを停止する予定だ。

月額料金の最終発生日は2017年2月28日となる。3月1日時点で退会手続きをしていなくても月額料金なしで3月31日までサービスを利用できる。

同社はサービス終了に伴い、エイベックス・デジタルが運営する動画・音楽配信サービスdTVやゲオ チャンネル、AWAなどへの切り替えを促している。

また、サービス終了について、「2013年2月のサービス開始以来、今までUULAをご利用いただいたことを、株式会社UULA一同深く御礼申し上げますと共に、現在サービスをご利用中のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますことを、深くお詫び申し上げます。何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます」とコメントしている。

関連記事