ソナス・ファベール監修のヘッドホンも

<ポタフェス>イヤーチップの新星・英国製「Crystalline Audio」に注目/北欧JAYSの新イヤホン早速登場

編集部:小澤 麻実
2016年12月17日
本日より東京・秋葉原で開催されているヘッドホン&ポータブルオーディオの一大イベント「ポタフェス2016」。本稿では完実電気とJAYSのブースについてお伝えしよう。

完実電気

完実電気のブースには、同社が新たに取り扱いを発表したイギリスのイヤーチップメーカー「Crystalline Audio」(関連ニュース)の製品がさっそく登場していた。設立は1年ほど前と若いメーカーだが、個人輸入するイヤホンファンもいるほど人気を博しているとのこと。

「Crystalline Audio」のイヤーチップ。内径の違いなどで6タイプがラインナップされている

エティモの「ER4SR」に装着したところ

設計には3Dプリンターを活用最適な弾力性を確保。無塵室で生産を行うことで不純物等の混入を防ぐ。実際に手に取ってみると、形状記憶素材はふんわりと弾力がありつつ元のかたちに戻るのが早めで、耳に入れたときもすぐに馴染むと感じた。

また“MADE IN BRITAIN”も特徴のひとつとしている。フォームチップながら、高域側を残した音を実現するとのこと。さらに、社内開発された耐熱・耐汗プロテクトフィルムコーティングを施すことで、耐久性にも優れている点もアピールされていた。

そのほか、ソナス・ファベールが製造・監修を行うPRYMAのヘッドホン「PRYMA 01」(関連ニュース)も展示。こちらはアーク・ジョイアがオーディオ店向け、完実電気が量販店等向けに取り扱いを行っているもの。ハウジングは軽量で剛性に優れたアルミニウム素材がベース。カーボンプレートのタイプ2種類と、樹脂プレートタイプの5種類、合計7種類のバリエーションが用意されている。

「PRYMA 01」

ドライバーユニットにはSonus faberがチューニングを施したダイナミック型・φ40mmのもの。ヘッドバンドは高級ブランド ボッテガ・ヴェネタの鞄に使われているのと同じ皮革で、位置調整はバックルで留めるユニークなスタイルだ。

組み合わせるアンプは駆動力が高いものがオススメとのこと。革を使った外観と合わせ、使い込んでいくうちに味わいが増していくモデルと訴求されていた。


そのほか、SHUREのKSE1500は未だに長蛇の列ができるほどの人気

SHURE製品試聴でオリジナルグッズが貰える恒例の抽選会も行われている


フェンダーのイヤホンは女性客がじっくりと聴きこむ姿も見られた

JAYS

ブレイベル インコーポレーテッドは、スウェーデン・JAYS社のイヤホンとヘッドホンを出展していた。

会場入口にも大きな看板が。

JAYSのブース

6年ぶりの日本登場となる同ブランドは、以前よりシックな外観で再上陸を果たした。第一弾としては、2BAドライバーイヤホン「q-JAYS Reference Earphones」、φ8.6mmダイナミックドライバー搭載のiOSリモコン付き「a-JAYS Four+」、税込4,490円の入門機「a-JAYS One」、そして日本製シルクダイヤフラムを採用したヘッドホン「u-JAYS」の4製品がラインナップされている(詳細はこちら)。いずれも11月中旬から発売されたばかりだ。

まだ発売日や価格は未定というが、特別モデルなども参考出展されていた。

まず、JAYS創立10周年を記念した「q-JAYS Reference Earphones」のアニバーサリー・エディション。全世界200セット限定販売となる。通常モデルとの違いはまずハウジングのカラー。ケーブルも、無酸素銅を使ったツイストケーブルとなっている。

右がq-JAYS通常モデル、左が10周年記念モデル

10周年記念モデルはシリアルナンバー入りメタルプレート付き

そして、「u-JAYS」のワイヤレスモデル。aptX対応のBluetoothヘッドホンで、25時間の連続再生が可能。ケーブルも付属し、通常ヘッドホンとしての使用もできる。現在技適申請中とのことだ。

右がu-JAYS通常モデル、左がワイヤレス版

ワイヤレスはもちろん、通常ヘッドホンとしての使用も可能だ

関連記事