「ドラ丸」はバラエティにも対応

シャープ、自動録画や番組検索を強化した“AQUOSブルーレイ”4機種 - 字幕全文表示に対応

ファイル・ウェブ編集部
2016年11月08日
シャープは、BDレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新モデルとして、新作連続ドラマ等を自動録画しておく「ドラ丸」機能を強化するなど使い勝手を向上させた「BD-NW2100」「BD-NW1100/WW1100」「BD-NW510」「BD-NS510」を11月25日に発売する。

BD-NW1100

BD-NW2100(2チューナー/2TB)¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)
BD-NW1100/WW1000(2チューナー/1TB)¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
 ※NW1100はブラック色、WW1000はホワイト色モデル
BD-NW510(2チューナー/500GB)¥OPEN(予想実売価60,000格円前後)
BD-NS510(1チューナー/500GB)¥OPEN(予想実売価格55,000円前後)

型番の数字の前が「W」になっている4モデルが地デジ/BS/110度CSチューナーを2基搭載したWチューナーモデルで、残る「BD-NS510」がシングルチューナーモデル。内蔵HDD容量1TBのモデルのみ、本体色ブラック「BD-NW1100」とホワイトの「BD-WW1100」という2色のカラーバリエーションを用意する。そのほかのモデルは本体色ブラックのみでの展開となる。

BD-NW2100。前面トレイを開いたところ

背面端子部

また、容量2TBの「BD-NW2100」と1TBの「BD-NW1100/WW1100」の3機種はWi-Fiを内蔵。「BD-NW510」と「BD-NS510」は有線LANでのインターネット接続に対応している。そのほかシングルチューナー機「BD-NS510」のみアナログ映像/音声入力を省いている。

ホワイトモデル「BD-WW1100」も用意

BD-NW510/BD-NS510

そのほかの基本的な機能は全機種共通。「ドラ丸」機能を従来のドラマとアニメに加えて新たにバラエティ新番組にも対応させるなど、機能強化を図っている。

現在の市場では、BDレコーダーをすでに持っていて、買い替えや買い増しといった2台目購入を検討しているユーザーが8割以上を占めているという。そこで同社は新機種開発において、こうした普段からBDレコーダーをよく使っているユーザーを念頭において「録る」「見る」といった基本機能をより使いやすく改善したとしている。

「ドラ丸」で新作ドラマなどをチェックしやすいよう配慮

ドラ丸のUIイメージ

「ドラ丸」は、新作の連ドラを自動で4週間分録画する機能。連ドラの録画から4週間を経過すると古い回から1つずつ自動消去され、次の回を継続して自動録画していく仕組みとなる。なお、4週間一度も視聴しなかった番組は全て自動消去され、以降は録画されない。これまではドラマとアニメの新番組に対応していたが、ユーザーからの意見を反映して、今回から新たにバラエティ番組に対しても本機能を利用できるようになった。

2016年秋冬の新番組はドラマだけでも28本

新たにバラエティ番組にもドラ丸が対応

なお、予約録画機能では「簡単サクッと検索」も引き続き搭載。ドラ丸以外の番組もカテゴリーや人名で絞り込んでスムーズに予約や検索を行えるように配慮している。人名においては1,000件以上から検索可能。またGガイドと連携しており毎日更新されるため、その時に旬な内容で調べることができるとしている。

簡単サクッと検索も引き続き搭載

例えばサッカーではJリーグの各チームごとに番組を絞り込んで探すこともできる

録画した番組の視聴に際しては、「字幕全文表示」機能を新搭載。番組の字幕情報データを一覧表示して、番組を再生せずとも内容を文字で確認できるようにした。さらに表示されるサムネイルも字幕内容と連動。特定の文章の位置で再生ボタンを押すと、その文章の1分前後あたりの場面から再生することができる。

字幕情報を読んで番組の詳しい内容をチェックすることも可能になった

本機能を追加した背景として、同社では当初から「放送波を丸ごと録画しよう」というコンセプトの元、BDレコーダーで放送されている全データを記録する仕様としていたことから、録画されている字幕データを使った新たな提案を考えたという。

また現在はBDレコーダーの大容量化が進み、長時間モードで約1,000時間録画できるなどの大容量モデルが売れ筋でとなっていることから、録画した膨大な番組の中からいかに見たい番組やシーンをさらに見つけやすくする機能の必要性も議論に上がっていたという。

字幕データを活用した機能としては、2016年春モデルから搭載した「セリフ付き見どころポップアップ」も引き続き対応。シーンサーチの際にセリフも文字情報として表示することで、目的のシーンを探しやすいようにした。

番組に任意のスタンプを付けておくことであとからのチェックを行いやすいように配慮

「保存版」「BD/DVDダビング済み」「(途中で視聴中断したので)また見る」などのように、番組に対する自分の評価を付けておける「録画リスト スタンプ表示」も新搭載。いいね/微妙/また見る/見るな/保存版/チェック/編集済み/ダビング済み、の8種類のスタンプから任意のものを付け、録画リスト上で表示することができる。

視聴を一時中断してスタンプを付けた番組だけをまとめて表示することも可能

また同機能では、貼り付けたスタンプの種類ごとに番組をまとめて表示するといったソート機能も備えている。

本機のリモコン

同社の液晶テレビ“AQUOS”とHDMI接続し、AQUOSで受信中の番組を最大90分さかのぼって視聴できる新機能“AQUOSタイムシフト”にも引き続き対応。古いレコーダーに録り溜めた番組をWi-Fiもしくは有線LANで引き継げる「買換えお引っ越しダビング」も継続して搭載しており、2010年モデル以降の同社レコーダーがダビング元になれる。

そのほかスマートフォン連携機能も引き続き搭載。宅外からのリモート視聴やリモート予約、ボイスリモコンやスマートフォンQRコード表示などの機能を利用できる。

【問い合わせ先】
シャープ お客様相談センター
TEL/0120-001-251

関連記事