「パーフェクトブラック」をアピール

エプソン、コントラスト比“無限”の4K対応レーザーPJ「EH-LS10000」

編集部:風間雄介
2015年03月26日
エプソンは、反射型液晶とレーザー光源を搭載したホームシアター用4K対応プロジェクター「EH-LS10000」を4月9日に発売する。価格はオープンだが、799,800円前後での販売が予想される。

EPSON「EH-LS10000」

同社のホームシアター用プロジェクターのフラグシップ機に位置づけられる製品。サブブランド“dreamio”も用いず、dreamioとは別系統の「特別な位置づけ」の製品として訴求する。THX/ISF認証を取得している。

EH-LS10000はdreamioではないスペシャルな製品として訴求する

なおデバイスには新開発の0.74型ワイドポリシリコンTFT反射型液晶パネルを搭載。方式は3LCD Reflective方式となる。

デバイス自体の画素数は1,920×1,080だが、画素ずらし技術を用いることで4K映像の表示に対応。4Kは3,840×2,160と4,096×2,160にそれぞれ対応しており、4K/60p入力(4:2:0)も可能。エプソンとして初の4K対応プロジェクターとなる。

なお、3D表示にも対応しており、THX 3Dディスプレイ認証も取得している。4K表示と3D表示は排他的で、3D表示時の4Kアップスケーリングは行えない。

HDMI入力端子は2系統で、うち1系統はHDCP 2.2にも対応している。そのほか映像入力にはコンポーネント×1、ミニD-Sub 15ピン×1、コンポジット×1も用意。RS232C×1、トリガーアウト×2、RJ45 端子(ネットワーク用)×1、USB タイプB×1などの端子も備える。

レーザー光源採用で高色域と「パーフェクトブラック」実現

光源にレーザーダイオードを採用したことが大きな特徴。光源は2つの青色レーザーダイオードを用い、片側は拡散ホイールでブルーを直接放射。もう片側は蛍光体ホイールでイエローに変換したのち、ダイクロイックミラーでグリーンとレッドに分け、それをふたたび一つの光に集束させ、投映する。輝度は1,500ルーメン。

レーザーユニットと光学ユニットの模式図

レーザー光源を採用したことで様々なメリットが生まれるが、その一つが色域が広がり、より色鮮やかな映像を実現できることだ。本機で投映できる色域は、DCIを100%カバーするのみならずAdobeRGBも包含している。フル10ビットカラープロセッシングで、約10億7000万色表示が可能(一部12ビット処理)。

DCI/Adobe RGBをカバーする広色域性能を実現

また、レーザーは点灯と消灯を瞬時に切り替えられるため、画面全体が真っ黒のいわゆる“全黒”映像の際には、光源そのものを消す。これにより画面は完全な真っ暗となり、明るい部分と暗い部分の輝度差を表すコントラスト比は文字通り“無限”となる。エプソンではこれを「パーフェクトブラック」として訴求する。

「パーフェクトブラック」として訴求する

レーザー光源そのものが消灯するため完璧な黒を表現できる、と説明

なお、全黒画面時に光源を消す機能は「ダイナミックコントラスト」という名称で、メニューから「オフ」「標準」「高速」の3段階で調整できる。高速を選ぶと、全黒になったらスピーディーに画面が真っ暗になる。

「ダイナミックコントラスト」の設定画面

調光については、レンズの絞りをシーンにあわせて調整するなど、いわゆる機械的な調光機能は備えておらず、レーザーのみで行う。このためメカの作動音がないのもメリットだ。

さらに、レーザー光源のため光源寿命が非常に長いこともメリット。同社では30,000時間の使用が可能としており、これは2時間の映画を毎日見た場合、約40年間光源が持つ計算になるという。なお、この30,000時間という光源寿命を算出した基準は、これまでのランプ光源と同様。

レーザー光源採用で30,000時間という長寿命を実現

起動が速いのもレーザー光源ならではの利点だ。「クイックスタートアップ」をオンにした際の起動時間は21秒で、EPSONロゴが投影されるまで6秒、そこから映像が投影されるまでが15秒。さらに、ランプのように徐々に輝度が上がるのではなく、起動後すぐに最大輝度になることも特徴となる。

「クイックスタートアップ」により21秒で起動する

またレーザー光源のホワイトバランスを最適化するため、内蔵した輝度センサーが100時間ごとにブルーとイエローの光をチェックし、バランスを確認する機能も搭載。自動的にホワイトバランスを調整するため、最適なホワイトバランスを維持できる。なお、この調整機能を手動で行うことはできない。

輝度センサーが100時間ごとにブルーとイエローの光をチェックし、バランスを確認する機能も搭載

なお、レーザー光源デバイス自体の消費電力は「250Wのランプ相当」とのこと。発生する熱も「ランプと比べ少ないが、極端に少ないわけではない」という。なお、レーザー光源デバイスをユーザーが交換することはできない。

反射型液晶パネルも新規開発

反射型液晶パネルも、同社の「R4000」に搭載したものから大幅に進化。反射効率はR4000のデバイス比で15%アップし、開口率も84%から90%に向上した。駆動周波数も上がり、2D表示時は240Hz、3D表示時は480Hzで駆動する。

反射型液晶パネルも、同社の「R4000」に搭載したものから大幅に進化

反射型液晶のため高コントラストで高開口率を実現

4K表示については、1つのピクセルを対角線上の片側にずらし、さらに次のタイミングでもう片側にずらす。いわゆる時分割による画素ずらしを行うことで、4K表示を可能にしている。

画素ずらしによる4K映像表示に対応

同社では、まだ4Kネイティブの映像ソースは少ないことから、2K→4Kのアップスケーリングに注力。「4Kエンハンスメント」という機能名で、好みに応じたエンハンスメントのレベル調整が行える。レベル調整値は「オフ/1/2/3/4/5/4K-1/4K-2/4K-3/4K-4/4K-5」から選択でき、初期設定値は「4K-3」。なお4Kエンハンスメントのレベル調整はリモコンからも行える。

「4Kエンハンスメント」でエンハンスメントのレベル調整が可能

2K映像のアップスケーリング性能にこだわった

■19dBという静音性能も実現

レンズは2.1倍の電動ズームフォーカスレンズで、F2.5-3.7、f値は21.3-44.7mm。上下90%、左右40%のレンズシフトも可能だ。投写サイズは30〜300型。

騒音レベルを下げるための工夫も行い、ランプ輝度 LOW時で騒音レベル19dBを実現。なおランプ輝度 HIGH時は28dB、デフォルトであるMIDDLE時は23dBとなる。

騒音レベルを下げるため、冷却系では銅製ヒートパイプとアルミ製ヒートシンクによる冷却システムを搭載。大型ファンも使用し、最小の騒音レベルの3LCDプロジェクターにした。

銅製ヒートパイプとアルミ製ヒートシンクによる冷却システムを搭載

レンズポジションメモリー機能も搭載しており、16対9やシネスコサイズに合わせた調整がかんたんに行える。

レンズポジションメモリー機能も搭載

その他の機能では、フレーム補間(デフォルトオフ)、2D-3D変換/奥行きレベル調整、メール通知機能などを搭載している。

フレーム補間や2D-3D変換機能なども装備

「これからも世界一のプロジェクターメーカーでありたい」

プレスセミナーでセイコーエプソン(株)ビジュアルプロダクツ事業部 事業部長の渡辺潤一氏は、同社が力を入れているウェアラブル型端末“MOVERIO”を装着しながらあいさつした。

セイコーエプソン(株)ビジュアルプロダクツ事業部 事業部長の渡辺潤一氏

渡辺氏は「フラグシップ機のパフォーマンスを最大限に発揮したい、最大限に感動を届けたい」と、EH-LS10000への期待感を表明。またレーザー光源の採用、4Kエンハンスメントテクノロジー、高コントラスト、高色域といった特徴を紹介し、その性能をアピールした。

エプソンのプロジェクター事業については、「エントリーからハイエンドまで幅広い製品を持っている」と自己評価。その上で「これからも世界一のプロジェクターメーカーでありたい」と力強く宣言した。

製品の概要については、セイコーエプソン(株)VI営業部 課長の児玉孝浩氏が紹介。プロモーションビデオでキーポイントを見せながら、「新光源のレーザーによって圧倒的な映像を実現できる」と自信を見せ、上述したレーザー光源の様々なメリットを一つ一つ紹介していった。

セイコーエプソン(株)VI営業部 課長の児玉孝浩氏

さらに児玉氏は、「X-MEN」や「猿の惑星:新世紀」といったBDソフトで、パーフェクトブラックのデモを中心に展示。またREDの4Kメディアプレーヤーでネイティブ映像の表示も行った。

技術的な特徴はセイコーエプソン(株)VP企画設計部 部長の小西正祐氏が紹介した。レーザー光源、反射型パネル、4Kエンハンスメントなどについてくわしく紹介した。

セイコーエプソン(株)VP企画設計部 部長の小西正祐氏

市場規模については、エプソン販売(株)販売推進本部 VPMD部長の蟹澤啓明氏が紹介した。

エプソン販売(株)販売推進本部 VPMD部長の蟹澤啓明氏

蟹澤氏によると、ホームシアタープロジェクターの国内市場規模は2014年度が33,000台で、このうちエプソンがシェア70%弱を占めている。その上で蟹澤氏は「市場のパイ全体を広げていくのがナンバーワンメーカーの責務」と指摘。「エプソンの強みであるこだわりの高画質、幅広いラインナップ、購入しやすさを訴えていく」と述べた。

ホームシアター用プロジェクターの市場動向

また、体験機会を拡充、拡大することにも力を入れる。店頭施策については、昨年は全国約500店舗以上で展開。またパブリックイベントを秋にソラマチで行い、「1万人以上の方に体験してもらった」と振り返った。さらにプロジェクターのレンタルサービスも2014年12月から開始しており、春キャンペーンも実施予定と、とにかく体験してもらうことを重視する。

EH-TW10000については、「満を持しての、4Kのレーザー機。dreamioブランドではない、特別な位置づけとして訴求していく」と紹介。キーメッセージ「漆黒の余韻に浸る」も発表し、製品を「黒」をキーワードにアピールしていくことを表明した。

プレスセミナーの最後には、エプソン販売(株)販売推進本部 本部長の鈴村文徳氏があいさつ。鈴村氏は昨年、エプソンのホームシアタープロジェクターを導入したそうで、「エントリー機を買ったのですが、とてもすばらしい映像に改めて驚かされた反面、もっと良いプロジェクターで見たらどうなるか、という興味も出てきて、深みにはまってしまいそう。この大画面の楽しみを一人でも多くの方にお伝えしたい」と意気込みをアピールした。

エプソン販売(株)販売推進本部 本部長の鈴村文徳氏

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶プロジェクター
  • ブランドEPSON
  • 型番EH-LS10000
  • 発売日2015年4月9日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格799,800円前後)
【SPEC】●画素数:1,920×1,080×3 ●明るさ:1,500lm(最大) ●コントラスト比:無限 ●投写レンズ:2.1倍電動ズームフォーカスレンズ、f=2.5-3.7、f=21.3-44.7mm ●接続端子:HDMI入力×2、コンポーネント×1、ミニD-Sub 15ピン×1、コンポジット×1、USB×1、他 ●騒音レベル:19dB(最小) ●光源:レーザーダイオード ●消費電力:459W(待機時2.8W) ●外形寸法:550W×225H×553Dmm(突起部含まず) ●質量:約18kg

関連記事