HOME > ニュース > ティアック「HA-P90SD」、SDカード内の176.4kHz/192kHzのFLAC再生に対応

「CD-P800NT」の安定性向上アップデートも

ティアック「HA-P90SD」、SDカード内の176.4kHz/192kHzのFLAC再生に対応

2016/07/19 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ティアック(株)は、DSD対応ポータブルヘッドホンアンプ/プレーヤー「HA-P90SD」と、ハイレゾ対応ネットワーク/CDプレーヤー「CD-P800NT」をアップデート。それぞれ最新ファームウェアの提供を開始した。

HA-P90SD

「HA-P90SD」では、ファームウェアV1.30を配布開始。SDカードに保存された、サンプリング周波数176.4kHz/192kHzのFLACファイルの再生に対応した。

「CD-P800NT」では、ファームウェアVer. Dを配布開始。動作の安定性を向上させた。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE