どんなイヤホンに使えるの?

プレミアムヘッドホンガイドマガジンの特別付録「SpinFit」を試そう!

SP DIVISION
2016年05月31日
ファイルウェブの読者の皆様、こんにちは! ヘッドホンの専門誌「プレミアムヘッドホンガイドマガジン」が昨日発売されましたが、まだお手にとっていない方にぜひチェックしてほしいのが、本誌の特別付録「SpinFit」です。SpinFitはカナル型イヤホンの先に取り付けるイヤーチップで、耳の奥まで挿入できることで密着度をあげて遮音性だけでなく、音質も向上させるアクセサリーです!

右がノズル径が約3.3mmのイヤホンで使えるチップで、左がノズル径4.5〜5.5mmのイヤホンに使えるチップです。

特別付録のイヤーチップ「SpinFit」


編集部にあったシュアのSE215に装着した様子です。純正のイヤーチップよりも穴が細いので結構しっかり装着できます。
そもそも、イヤーチップは耳にしっかりとフィットさせるために使うもので、サイズや素材、形状の違いで装着感は大きく変わります。単純に外れにくくなる、というだけではなく音質にも大きく関わるもので、密着度が上がると低音域の再現が豊かになるなど、こだわりのイヤホンを購入したら、必ず付け替えて試してほしいものです。もし購入したままイヤーチップを交換していないなら、付属のイヤーチップのサイズを変えて、自分の耳に最適なサイズを見つけてください。

閑話休題。本誌特別付録のSpinFitの試供品は、傘の部分のサイズは一般的なMサイズ1種ですが、様々なイヤホンで使えるように、ノズルのサイズを2種類用意しました。ひとつは、シュアのSEシリーズなど、ノズル径が約3.3mmのイヤホンに最適です。もうひとつは茶楽音人の「Donguri」など、ノズル径が4.5〜5.5mmのイヤホンに対応しますので、幅広いモデルに対応できます。


RHAのMA750のノズルは、編集部調べで約5mm。白い方のチップが装着できました。

本誌の表紙はこちら。売り切れ必至ですので、ぜひ早めにご購入をお願いいたします!
1,500円の雑誌付録とは思えない、このイヤーチップ。ぜひ本誌と一緒にゲットしてください!


詳細は下記の特設サイトもご覧ください! こちらからお買い求めもできます。
http://www.phileweb.com/editor/special/phgm06/

関連記事