HD 800 S/HD 800の比較試聴も

<ヘッドホン祭>ゼンハイザー、話題の新製品多数/AUDEZEのLightning直結ヘッドホン「SINE」

編集部:風間雄介
2016年04月29日
4月29日と30日に、東京・中野の中野サンプラザで行われている「春のヘッドホン祭2016」。本項では、6Fに構えたゼンハイザーブースの模様と、13FのAUDEZEブースの模様を紹介する。

ゼンハイザーはHD 800 SとHD 800の聴き比べが可能

ヘッドホン祭開催前日の28日、東京都内で超弩級ヘッドホン「HE-1」のローンチパーティを行ったゼンハイザー。一般の方の試聴は、事前に行われた抽選で当選した方のみを対象に行われており、残念ながらヘッドホン祭の同社ブースではHE-1の実機を見ることはできない。

だが、ゼンハイザーの注目モデルはHE-1だけではない。まず、ハイエンドヘッドホンの大定番モデルがさらにリファインされた「HD 800 S」。これまでのHD 800も引き続き販売を続けるため、ヘッドホン祭では両機の比較試聴を行うことができる。

ゼンハイザー「HD 800 S」

HD 800 SとHD 800の比較試聴も可能だ

また、最近になって相次いで投入された、大ヒットシリーズ「MOMENTUM」のワイヤレスモデル「MOMENTUM Wireless」「MOMENTUM On-Ear Wireless」も大々的に展示。両モデルはMOMENTUMの音質やデザインを損なうことなく、Bluetoothとノイズキャンセリングに両対応したモデル。ノイズキャンセリングとワイヤレスを両立した製品は増えてきているが、両機のようにデザイン性を兼ね備えているモデルは少ない。ぜひブースでその機能や音質、装着感を確かめてみてほしい。

密閉型ヘッドホン「HD 630 VB」も出展

「MOMENTUM Wireless」「MOMENTUM On-Ear Wireless」も試せる

イヤホンでは、CXシリーズなど手頃なモデルからアラウンド1万円イヤホンの定番「MOMENTUM In-Ear」、3万円前後の定番モデル「IE 80」、そして最高級イヤホン「IE 800」まで多彩なラインナップを出展。これらをすべて実際に試すことができる。

イヤホンもエントリーからハイエンドまで多数出展

さらに、これもヘッドホン祭の直前にアナウンスされた「HD 25」「HD 25 PLUS」「HD 25 LIGHT」も展示。1988年に登場したHD 25はいまだに高い人気を誇るが、同梱物の工夫などで価格を下げることに成功。コストパフォーマンスを高めた。

「HD 25 LIGHT」と書かれている

軽量な点も特徴だ

AUDEZE「SINE」価格決定。Lightning直結可能

アスクは、AUDEZEブースを13Fに構えている。LCDシリーズなどで知られる同ブランドだが、今回は一般層でも手が届きやすい価格帯のオンイヤー型ヘッドホン「SINE」の発売がアナウンスされた。

AUDEZEブースには高級ヘッドホンがずらり

SINEにはいくつかの特徴があるが、音質面ではオンイヤー型ながら平面振動板を採用したことが特筆できる。さらに独自技術「Fluxor Magnetic Technology」を搭載。また振動板全体に均一化された磁場を生成し、歪みを大きく減少する「Uniforceダイヤフラム」や、本体内部の空気の流れを調整することによって帯域バランスを整える「Fazor Technology」も備えている。

AUDEZE「SINE」

AUDEZEのロゴマークも

また、LightningケーブルでiPhoneと直結できることもSINEの特徴。マイクリモコン部にDACとDSPを搭載しており、iPhoneから出力された24bitのデジタル音声をデコードし、再生できる。またLightning接続時には、同社独自アプリで様々な設定も行える。

SINEはオープン価格だが、通常のアナログケーブル同梱モデルが54,800円前後、アナログケーブルとLightningケーブルをともに同梱したモデルが62,800円前後で販売される見込み。

また、同じくLightning直結できる平面駆動ヘッドホン「EL-8 Titanium」も出展。本機はすでに発売しており、99,800円前後で販売されている。

「EL-8 Titanium」

関連記事