多chサービスがモバイルでも視聴可能に

ひかりTV、スマホ向けに「フジテレビONE/TWO/NEXT」など20chを配信

編集部:小野佳希
2016年04月14日
NTTぷららは、「ひかりTV」において6月1日より、「フジテレビONE/TOW/NEXT」など20チャンネルの番組をスマートフォン/タブレット向けにリアルタイムでインターネット配信する。

モバイルでの多チャンネル視聴に対応

ひかりTVではこれまでモバイル向けにはVODでの作品提供だけで、多チャンネル放送サービスはテレビでしか視聴できなかった。今回から新たに、「フジテレビONE/TOW/NEXT」や「スターチャンネル」など約20チャンネルを、テレビと同様にスマホ/タブレットでリアルタイムに視聴できるようになる。

テレビ向けプラン契約者は約20チャンネル、モバイル向けプラン契約者には約10チャンネルを提供予定

ひかりTVのいずれかのプランに加入していれば、本サービス利用にあたっての追加料金は不要。ただし加入プランによって視聴できるチャンネル数が異なっており、視聴可能チャンネルが少ないプランの場合は、別途追加料金を払ってチャンネルを追加契約することもできる。その際の料金など詳細は、現時点では未定。

提供予定のチャンネル

現在VOD視聴用などに提供しているアプリ「ひかりTVどこでも」をアップデートすることで本サービスに対応する。番組表から視聴予約をしておくと開始時刻前にプッシュ通知する機能も備えるほか、ひかりTVチューナーをテレビで使用している場合にはリモートでの録画予約も行える。

番組視聴のイメージ

なお、アプリはiOS/Androidの両方で提供。また、サービス開始当初はモバイル向けのみの提供だが、今後はPCにも対応させる予定としている。

配信するのはスポーツ、ニュース、エンターテイメントを中心としたラインナップで、スポーツでは6球団のプロ野球試合が視聴可能。今後、順次提供チャンネルを提供予定で、同社代表取締役社長の板東浩二氏は「気持ちとしては、多チャンネル放送で提供しているチャンネルは100%か、それに近いかたちで提供していけるよう交渉していきたい」とした。

関連リンク

関連記事