デル・トロのこだわりが詰まった作品

日本初のDTS:X対応BDが発表!『クリムゾン・ピーク』6月3日発売

本山由樹子
2016年03月18日
NBCユニバーサル・エンターテイメントは、ギレルモ・デル・トロ監督の新作『クリムゾン・ピーク』を6月3日にBlu-rayで発売する。BD+DVDセットで、価格は3,990円(税抜)。品番はGNXF-1995。

『クリムゾン・ピーク』

BD版の英語音声は、日本での発売が初めてアナウンスされた新音声フォーマット「DTS:X」を採用。さらにDTS Headphone:Xも収録されている。英語1はDTS:X、英語2はDTS Headphone:X。日本語吹き替え音声はDTS 5.1chサラウンド。

DTS:Xが従来のDTSのサラウンドフォーマットと大きく異なる点は、オブジェクトオーディオを含められる技術であること。また従来の「DTS-HD」との互換性についても確保されている。

BDの特典として、未公開シーン、「撮影を振り返って」、「ゴシックロマンスについて」、「クリムゾン・ピークの光と影」、衣装デザイン、「アラデール・ホールの建築」、撮影セットツアー、「深紅の幽霊」、監督による本編音声解説を収録。

〜〜あらすじ〜〜


20世紀初頭のニューヨーク。10歳の時、母親を亡くしたイーディス(ミア・ワシコウスカ)は、それ以降、たびたび母親の幽霊を見るようになり、「クリムゾン・ピークに気をつけて」という謎のメッセージを受け取る。

発明家で準男爵の称号を持つトーマス(トム・ヒドルストン)に心惹かれるイーディスだったが、父親が不可解な死を遂げ、莫大な遺産を相続。悲しみが癒えぬまま、トーマスと結婚。彼が所有するイギリスの屋敷「アラデール・ホール」で暮らし始める。

そこには、トーマスの姉ルシール(ジェシカ・チャステイン)も住んでいた。ルシールが入れてくれた紅茶を飲むと、いつも寝落ちしてしまうイーディス。奇妙な三人暮らしを続ける中、真っ赤な幽霊をたびたび目撃するようになり…。

〜〜〜〜〜〜


『パシフィック・リム』、『パンズ・ラビリンス』などで知られるギレルモ・デル・トロ監督が放つ幽霊屋敷ホラー。怪談作家志望の裕福なアメリカ人女性と、彼女と愛し合うイギリスの男爵、ミステリアスなその姉のドロドロ愛憎劇が展開。

タイトルのクリムゾン・ピーク(深紅の丘)は、男爵の屋敷が建っている土地のことで、雪が降ると赤土を溶かして深紅色に染まることに由来。

主演は『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ。共演に『マイティ・ソー』シリーズのトム・ヒドルストン、『オデッセイ』のジェシカ・チャステイン。

本作の主役は、わざわざ建てたという屋敷。ポッカリ穴が開いた天井から月明かりがさし、冬には落ち葉や雪が舞い落ちる。床下からは血のような赤粘土が沸きだす。インテリアもアンティークなどは使わず、一からデザインして仕上げるこだわり。

見るからに怪しい美貌の姉弟、朽ち果てた屋敷に隠された秘密。デル・トロの美的センスが炸裂したゴシック・ロマン。

(C) 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.

関連記事