開発上の遅れにより

ヤマハ、RX-A3050/CX-A5100などAVアンプのDTS:X対応アップデートを3月下旬に延期

編集部:伊藤 麻衣
2016年03月07日
ヤマハは、AVアンプ「RX-A3050」やAVプリアンプ「CX-A5100」などのDTS:X対応アップデートを3月下旬に延期することを発表した。

RX-A3050

CX-A5100

対象となるモデルは、同社AVアンプのプレミアムライン“AVENTAGE”シリーズのAVアンプ「RX-A3050」「RX-A2050」「RX-A1050」(関連ニュース)およびAVプリアンプ「CX-A
5100」(関連ニュース)の4機種。いずれも発売後のアップデートによってDTS:Xへの対応を予定していた製品で、3月上旬からファームウェアアップデートを順次開始とアナウンスされていたものが、3月下旬へ延期されかたちとなる(関連ニュース)。

今回の延期の理由については「開発上の遅れ」とし、実施日の詳細は追って発表する予定としている。

なお、デジタルサウンドプロジェクター「YSP-5600」については、アップデート時期に変更はなく、4月下旬にDTS:X対応予定となっている。

YSP-5600

DTS:Xは、DTS社が提供する、オブジェクトベースの次世代音声フォーマット。スピーカー配置などの再生環境にあわせて自動的に最適化したサウンドを楽しめるという。

また、AVプリアンプ「CX-A5100」では、ヤマハ独自の音場創生技術「シネマDSP HD3(エイチディーキュービック)」と「DTS:X」との掛け合わせた音場の創出も可能となっている。

関連リンク

関連記事