SE-1000も展示

<ポタフェス>ソフトバンクのハイコスパイヤホン「SE-5000HR」が聴ける

編集部:風間雄介
2015年12月19日
当サイトでレビューインタビューをお伝えした、SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)のハイレゾ対応イヤホン「SE-5000HR」。今回、同ブランドがポタフェスに初出展し、このハイコスパイヤホンを実際に体験できる。

ハイコストパフォーマンスで話題の「SE-5000HR」を体験できる

SE-5000HRは、直径8mmのダイナミック型ドライバーを搭載したイヤホン。再生周波数帯域が5Hz-45kHzと広く、ハイレゾロゴを取得している。

筐体はアルミで、ケーブル接合部、胴体部、これらの接合部、ノズル部と4つのパーツで構成することにより、各パーツの固有振動を分散して共振を抑えている。カラーはブラック、カッパー、ゴールドの3色。

またソフトバンクブランドを関した製品だけあり、スマホと接続した際の使い勝手や、通話品質にも注力している。

またブースには、2,000円台ながら、こちらもハイコスパな「SE-1000」も展示。ブースには開発者や商品企画者がおり、開発の裏話などを聞くこともできそうだ。

ブースの様子

関連記事