右側ハウジングをタッチして基本操作可能

B&O PLAY、タッチ操作に対応したBluetoothヘッドホン「H7」

編集部:小澤 麻実
2015年11月27日
完実電気は、B&O PLAYの新Bluetoothヘッドホン「H7」を12月3日に発売する。価格は50,833円(税抜)。カラーはナチュラルとブラックの2色。

H7

デザインはヤコブ・ワグナーが担当。ハウジングにはアルマイト処理を施したアルミを、ヘッドバンドにはカウスキン、イヤーパッドにはラムスキンを採用し、質感の高い外観としている。

φ40mmのダイナミックドライバーを搭載。再生周波数帯域は20〜22,000Hzで、インピーダンスは33Ω(ケーブル使用時)。

Bluetoothのバージョンは4.1で、AACやaptXコーデックにも対応。対応プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCP。8台までの機器を登録することができ、マルチポイントにも対応している。右側のイヤーカップに搭載されたアルミタッチインターフェースにより、通話や音楽の再生/停止、曲送り、曲戻し、音量調整といった操作を行える。

2.5時間の充電で最大20時間の連続再生が可能。電池切れの際は付属のケーブルを使って通常ヘッドホンとして楽しむこともできる。

本体は約280gと軽量。同ブランドのヘッドホン「H6」の快適とワイヤレス再生を併せ持つモデルとアピールされている。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドB&O PLAY
  • 型番H7
  • 発売日2015年12月3日
  • 価格¥50,833(税抜)
【SPEC】●ドライバー:φ40mmダイナミック型 ●再生周波数帯域:20Hz〜22kHz ●インピーダンス:33Ω(ケーブル使用時) ●Bluetoothバージョン:Ver.4.1 ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP ●対応コーデック:AAC/apt-X ●連続再生時間:最大20時間 ●充電時間:2.5時間 ●ケーブル長:1.2m ●質量:約280g

関連記事