ブラック/ブルー/シルバーの3色

AKGのヘッドホン「Y50」にaptX対応Bluetoothモデル「Y50BT」が登場

編集部:小澤 麻実
2015年11月12日
ハーマンインターナショナルは、AKGのヘッドホン「Y50」のBluetooth対応モデル「Y50BT」を11月20日に発売する。価格は16,800円(税抜)。

Y50BT

ヘッドホン機構は「Y50」(関連ニュース)とほぼ共通。独自の40mm径のダイナミックドライバーを搭載し、再生周波数帯域は17Hz〜20kHz。インピーダンスは32Ω。ハウジングはアルミ製で、ポップなカラーを取り揃えたY50よりも落ち着いたトーンの、メタリックな質感を活かしたブラック/ブルー/シルバーの3色を揃えている。

Bluetoothのバージョンは3.0で、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。ハウジングにマイクを内蔵しており、ハンズフリー通話の利用も可能だ。

コーデックはSBCに加えAACやaptXにも対応し、高音質なワイヤレス再生が可能とアピールされている。

電源にはリチウムイオン充電池を採用。約3時間の充電で最長20時間の連続再生が可能。充電は付属のmicroUSBケーブルで行うことができる。また1.2m長ケーブルも付属するので、電池切れの際は通常のヘッドホンとして使うことも可能だ。

本機の音質レビューはこちらからご覧いただける。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAKG
  • 型番Y50BT
  • 発売日2015年11月20日
  • 価格¥16,800(税抜)

関連記事