Live Photosの録画バグも改善

アップル、iOS 9.1を公開 − 新絵文字追加、多数の機能改善やバグ修正

編集部:風間雄介
2015年10月22日
アップルは、iOSの新バージョン「iOS 9.1」を提供開始した。

iOS 9.1では、iPhone 6sやiPhone 6s Plusで撮影可能になった「Live Photos」について、iPhoneを上下させたときの動きを修正。またUnicode 7.0/8.0の絵文字に対応した、150以上の新しい絵文字が追加された。

そのほかマルチタスクUIのパフォーマンスの改善も行われているほか、多数の機能改善やバグ修正が行われている。

リリースノートに記載されている改善点は以下の通り。

・Live Photosで、iPhoneを上げたり下げたりしたときの録画を自動的に回避するため、それらの動きをインテリジェントに感知する機能を追加
・Unicode 7.0および8.0の絵文字に完全に対応した、150以上の新しい絵文字
・CarPlay、“ミュージック”、“写真”、Safari、検索などの安定性を向上
・マルチタスクUIのパフォーマンスを向上
・“カレンダー”が“月”表示で応答しなくなることがある問題を修正
・一部のユーザがGame Centerを起動できない問題を修正
・一部のAppの内容が拡大表示される問題を解決
・POPメールアカウントの未開封メール数が誤って表示されることがある問題を解決
・新しいメールまたはメッセージから最近追加された連絡先をユーザが削除できない問題を修正
・“メール”の検索結果で一部のメッセージが表示されない問題を修正
・オーディオメッセージの本文内にグレイのバーが残る問題を解決
・一部の通信事業者でアクティベーションエラーが起きる問題を修正
・一部のAppをApp Storeからアップデートできない問題を修正

関連記事