27km離れた地点で良好に受信

NHK、8K地上波放送を想定した長距離伝送に成功

ファイル・ウェブ編集部
2014年01月20日
NHKは、地上波での8Kスーパーハイビジョン放送を想定した長距離伝送実験に成功したことを発表した。

実験時のようす

ハイビジョンの16倍の情報量を持つ8K信号を伝送するためには、画像圧縮技術に加えて、超多値OFDMや偏波MIMOなどの伝送容量を拡大する新技術の活用も不可欠となる。NHKでは8Kの地上放送の実現に向けて、大容量地上伝技術の研究開発を進めてきた。

今回の実験では、熊本県人吉市のNHK人吉テレビ中継局に設置した実験試験局から、圧縮した8K信号をUHF帯1チャンネルで送信。現在の地上デジタル放送エリアと同程度となる27km離れた地点でも、8K信号を良好に受信できることを確認した。伝送容量は91.8Mbps(4096QAM, r=3/4)で、映像符号化はMPEG-4 AVC / H.264。

なおNHKでは、平成24年5月にNHK放送技術研究所と約4.2km離れた地点における地上波での8K伝送実験に成功していたが、今回の実験では8K信号を家庭に届けることを検証するため、さらに長距離伝送に挑戦した。

関連リンク

関連記事