出資金額や日本でのサービス開始への影響は非公開

電通、音楽ストリーミングサービス「Spotify」に出資

編集部:小澤 麻実
2015年06月15日
電通デジタル・ホールディングスは、同社が運営する電通デジタル・ファンドを通じて、音楽ストリーミングサービス「Spotify」を運営するSPOTIFY TECHNOLOGY S.Aに出資したことを発表した。Spotifyと電通グループは既に40カ国以上で取引実績があり、今回の出資は「両社の結束をより強固にするもの」と説明されている。

Spotifyは世界40カ国以上でサービスを行っている、世界最大手の定額制/無料ストリーミング音楽配信サービス。日本にも数年前から参入するという噂はあるものの、いまだ実現されていない。

日本ではまだサービスインしていないSpotify

電通デジタル・ホールディングスは、デジタル領域に関する戦略立案機能や投資機能、デジタル・ファンドの運用などを行う事業統括会社。電通デジタルファンドは、アジアや欧米を中心に投資を行うもので、出資金総額は100億円。

なお、今回の出資金額や、今回の出資が日本でのサービスインにどのような影響を及ぼすかについては明らかにされていない。

しかし、「Apple Music」や「AWA」「LINE MUSIC」など、日本国内でもストリーミングサービスに流れが向きつつある。今回の電通の出資がSpotifyの日本でのサービス開始にどのような影響を与えるのか気になるところだ。

関連記事