2月29日から41市場でスタート

ソニー、Spotifyと「PlayStation Music」を今春開始 − Music Unlimitedは3月29日に終了

ファイル・ウェブ編集部
2015年01月29日
ソニーは、Spotifyを独占パートナーに迎え、新音楽サービス「PlayStation Music」を今春開始すると発表した。米国、カナダ、メキシコ、ブラジルを含む世界の41市場で、2月29日からサービスを展開する。他項で紹介している通り、現在のところ、日本でサービスが提供されるかは未定だ。

SpofityとPlayStationがパートナーシップを組む

PlayStation Network(PSN)のユーザーは、アカウントをSpotifyとリンクすることができ、既存のIDでSpotifyのプレミアムサービスを利用できる。3,000万曲以上の楽曲と15億以上のプレイリストを楽しめるという。PS4のゲームを遊びながらSpotifyの音楽を聴いたりすることも可能だ。

PlayStation Musicは、当初はPS4やPS3、Xperiaスマートフォン/タブレット向けに提供される。Spotifyが提供する好みのプレイリストを聴いたり、Spotifyがサポートするデバイスでサービスを受けることができるという。

またPlayStation Musicをスタートするのに先立ち、3月29日に、日本を含む19カ国でMusic Unlimitedのサービスを終了する。

Music Unlimitedは2011年からソニーが独自に展開していた定額制の音楽ストリーミングサービスで、国内では30日間980円でサービス提供していた。終了までの措置として、Music Unlimitedのアクティブ登録ユーザーは、2月28日から3月29日のサービス終了までのあいだ、無料でMusic Unlimitedサービスを利用できる。

Spotifyは欧州や米国で人気のストリーミング型音楽配信サービス。PCやスマートフォン、タブレット、テレビなどで利用できる。以前から日本市場への参入意欲を示しており、現在、同社サイトに日本からアクセスすると、「日本でのサービス利用は現在準備中です!」と表示される。

関連記事