人気モデル「HDJ-2000」の後継機

パイオニア、DJヘッドホン「HDJ-2000MK2」− 音質も使い勝手もDJニーズに対応

ファイル・ウェブ編集部
2015年01月22日
パイオニアは、DJヘッドホン「HDJ-2000MK2」を3月上旬に発売する。価格はオープンだが、37,000円(税抜)前後での販売が予想される。カラーはブラックとシルバーの2種類。

HDJ-2000MK2(ブラック)

HDJ-2000MK2(シルバー)

本機は2008年の発売以来、世界のプロDJから高い評価を得ていた「HDJ-2000」の後継機。開発にあたっては多くのプロDJたちにヒアリングを実施し、音質や使い勝手などの面でDJプレイのニーズに応える製品に仕上げたという。

ドライバーはφ50mmと大口径。音質を重視したという38マイクロメートル厚の振動板や、低域〜高域までバランス良く再生できるよう巻き幅/巻き回数を最適化したボイスコイル、高磁力マグネットを搭載している。再生周波数帯域は5〜30,000Hz。DJプレイで重視されるビートを明瞭に聞き取ることができるとアピールしている。また、ヘッドホン内の制動材を厳選。イヤーパッドを密閉縫製化することで、中高域の微妙なニュアンスもクリアに再生できるとしている。

さらに、小容量のチャンバーを設けることで、中低域(300Hz〜1,600Hz)における外部ノイズ遮音のレベルを従来製品より約7dB向上。大音量の音楽が流れるクラブのフロア内でもモニタリングしやすくしたとのことだ。

長時間のDJプレイでも快適に使えるよう、本体を298gと軽量化。さらに、ヘッドバンドの接地面積を増やすことでプレイ中のズレを防ぐ。イヤーパッドは低反発ウレタンと肌触りの良いプロテインレザーを使っている。

ハウジング部はスイーベル機構により90度回転可能。回転したハウジングは自動的に元の状態に戻る仕組みになっている。ケーブルは片出し式で、取り外しが可能(mini XLR端子対応)で、断線にも対応可能だ。

本体は折りたたみ可能。携帯用ヘッドホンケースや、Φ6.3mmプラグ変換アダプターも付属する。インピーダンスは32Ω。最大入力は3,500mW、出力音圧レベルは107dB/mW。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドPIONEER
  • 型番HDJ-2000MK2
  • 発売日2015年3月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格税抜37,000円前後)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●再生周波数帯域:5〜30,000Hz ●インピーダンス:32Ω ●出力音圧レベル:107dB/mW ●最大入力:3,500mW(JEITA) ●使用ユニット:φ50mmドーム型 ●ケーブル長:1.2m ●プラグ:φ3.5mmステレオ3Pミニプラグ ●質量:298g(ケーブル含まず)

関連記事