防滴仕様で吸盤つき

センチュリー、伸縮する蛇腹ボディのBluetoothスピーカー「Wormee」

ファイル・ウェブ編集部
2014年12月01日
(株)センチュリーは、伸縮する蛇腹ボディの小型Bluetoothスピーカー「Wormee(ワーミィ)」を12月上旬に発売する。価格はオープンだが、4,298円前後での実売が予想される。カラーはグリーン、ピンク、ブラックの3色をラインナップする。

Wormee(ワーミィ)

ジャバラ部を伸縮させて角度調整できる

本体にシリコン素材のジャバラ機構を採用したデザインが特徴的な小型スピーカー。ジャバラ部が伸縮するため、コンパクトにたたんで持ち運んだり、伸ばして自由に角度調整したりできる。本体サイズはφ92×35〜82Hmm(高さ可変式)。

Bluetooth規格はver.3.0+EDRに準拠しており、プロファイルはA2DP/AVRCPをサポートする。有効通信距離は約10m。マルチペアリングは4台までで、マルチポイントには非対応となる。

内部には5cm口径のフルレンジユニットを1基搭載しており、出力は最大2W。周波数特性は90Hz〜15kHzで、SN比は80dB。

本体にはIPX4相当の防水性能を備えており、様々な場所で使用できる。さらに底面には吸盤を装着しており、垂直面に設置することも可能。なお、吸盤で吸着させて設定することによりレゾナンス(共鳴)効果が生まれ、より迫力のある低音再生を実現するという。このレゾナンス効果により、設置する素材や場所によってサウンドを変化させて楽しむことができる。

内部には500mAhのバッテリーを搭載しており、約3時間の充電で約6時間の連続再生に対応する。

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドCENTURY
  • 型番Wormee
  • 発売日2014年12月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格4,298円前後)
【SPEC】●Bluetoothバージョン:ver.3.0+EDR ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP ●使用ユニット:5cmフルレンジ×1 ●出力:最大2W ●周波数特性:90Hz〜15kHz ●S/N比:80dB ●充電時間:約3時間 ●連続再生時間:約6時間 ●外形寸法:φ92×35〜82Hmm(高さ可変式) ●質量:約150g(付属品含まず)

関連記事